日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表

2008.04.09 自動車ニュース

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表

日産自動車は、小型クロスオーバーモデル「キャシュカイ」に、7人乗り・3列シート仕様の「キャシュカイ+2」を追加すると発表した。

■2列目シートの快適性がアップ

日産自動車が欧州で生産・販売する5人乗り小型クロスオーバーモデルの「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)に、7人乗り・3列シート仕様の「キャシュカイ+2」が追加設定されることが明らかになった。キャシュカイ+2は、イギリスの日産工場にて生産され、2008年10月に欧州で販売が開始される予定だ。

3列目シートを新設するため、ホイールベースを135mm延ばして室内スペースを拡大。このため全長はキャシュカイより211mm長い、4526mmとなる。乗員の頭上空間にゆとりを持たせるため、全高は38mm高く設定された。

室内は、2列目シートを50:50の二分割式から40:20:40の3分割式に変更。3列目シートへのアクセスをしやすくしたとともに、中央部分の背もたれを前方に折り畳むことで、ドリンクホルダー付きのテーブルとして活用できる。さらに、2列目シートはリクライニング範囲が10度から25度に増えており、高い居住快適性が追求された。

■3列目シートは小柄な人向き

50:50の2分割式が採用された3列目シートは、子供もしくは身長160cmまでの大人向きとされ、スペース的にはミニマム。しかし、5人乗り仕様のキャシュカイよりサイドウィンドウを拡大するなど、室内の開放感を高める工夫が凝らされる。なお、3列目シートは未使用時に格納でき、フラットな荷室を作り出すことも可能だ。

欧州仕様のエンジンは、ガソリンが1.6(115ps)と2リッター(140ps)、ディーゼルが1.5(106ps)と2リッター(150ps)の計4タイプ。ガソリン/ディーゼルの2リッターモデルはFFと4WDが選択でき、それ以外のモデルはFFのみの設定となる。

なお、日本への導入は明らかにされていない。

(webCG 曽宮)


日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る