日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表

2008.04.09 自動車ニュース

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表

日産自動車は、小型クロスオーバーモデル「キャシュカイ」に、7人乗り・3列シート仕様の「キャシュカイ+2」を追加すると発表した。

■2列目シートの快適性がアップ

日産自動車が欧州で生産・販売する5人乗り小型クロスオーバーモデルの「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)に、7人乗り・3列シート仕様の「キャシュカイ+2」が追加設定されることが明らかになった。キャシュカイ+2は、イギリスの日産工場にて生産され、2008年10月に欧州で販売が開始される予定だ。

3列目シートを新設するため、ホイールベースを135mm延ばして室内スペースを拡大。このため全長はキャシュカイより211mm長い、4526mmとなる。乗員の頭上空間にゆとりを持たせるため、全高は38mm高く設定された。

室内は、2列目シートを50:50の二分割式から40:20:40の3分割式に変更。3列目シートへのアクセスをしやすくしたとともに、中央部分の背もたれを前方に折り畳むことで、ドリンクホルダー付きのテーブルとして活用できる。さらに、2列目シートはリクライニング範囲が10度から25度に増えており、高い居住快適性が追求された。

■3列目シートは小柄な人向き

50:50の2分割式が採用された3列目シートは、子供もしくは身長160cmまでの大人向きとされ、スペース的にはミニマム。しかし、5人乗り仕様のキャシュカイよりサイドウィンドウを拡大するなど、室内の開放感を高める工夫が凝らされる。なお、3列目シートは未使用時に格納でき、フラットな荷室を作り出すことも可能だ。

欧州仕様のエンジンは、ガソリンが1.6(115ps)と2リッター(140ps)、ディーゼルが1.5(106ps)と2リッター(150ps)の計4タイプ。ガソリン/ディーゼルの2リッターモデルはFFと4WDが選択でき、それ以外のモデルはFFのみの設定となる。

なお、日本への導入は明らかにされていない。

(webCG 曽宮)


日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

日産が7人乗りの「キャシュカイ+2」を発表の画像

関連キーワード:
デュアリス日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
ホームへ戻る