「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定

2008.04.08 自動車ニュース

「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定

スズキは、「スイフト」にカーシェアリングシステムに対応した「スイフト カーシェアリング専用車」を設定し、2008年4月8日に受注を開始した。

カーシェアリングシステムとは、1台のクルマを複数の会員が共同で利用するという自動車の利用形態。必要な時にだけクルマを利用するため、所有車の負担が軽減されるほか、駐車場問題や交通渋滞を緩和などに貢献する。

「スイフト カーシェアリング専用車」は、1.2リッターの「スイフト XG」に、個人認証を行うICカード読込装置や、管理センターと通信する通信機を搭載。オリックス自動車が運用しているカーシェアリングシステムに対応する。

現在、軽乗用車「ワゴンR」、「エブリイ」のカーシェアリング専用車を販売しているスズキは、コンパクトな「スイフト」の追加することで、利用者のニーズに幅広く対応するという。

ボディカラーは、銀、赤、黒、灰の4色。
価格は、167万2650円(FF/CVT)。

(webCG ワタナベ)


「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る