「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定

2008.04.08 自動車ニュース

「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定

スズキは、「スイフト」にカーシェアリングシステムに対応した「スイフト カーシェアリング専用車」を設定し、2008年4月8日に受注を開始した。

カーシェアリングシステムとは、1台のクルマを複数の会員が共同で利用するという自動車の利用形態。必要な時にだけクルマを利用するため、所有車の負担が軽減されるほか、駐車場問題や交通渋滞を緩和などに貢献する。

「スイフト カーシェアリング専用車」は、1.2リッターの「スイフト XG」に、個人認証を行うICカード読込装置や、管理センターと通信する通信機を搭載。オリックス自動車が運用しているカーシェアリングシステムに対応する。

現在、軽乗用車「ワゴンR」、「エブリイ」のカーシェアリング専用車を販売しているスズキは、コンパクトな「スイフト」の追加することで、利用者のニーズに幅広く対応するという。

ボディカラーは、銀、赤、黒、灰の4色。
価格は、167万2650円(FF/CVT)。

(webCG ワタナベ)


「スズキ・スイフト」にカーシェアリング専用車を設定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る