第65回:カーナビ実用テスト(その2):「スマートループ」とは何ぞや?

2008.04.08 エッセイ

第65回:カーナビ実用テスト(その2):「スマートループ」とは何ぞや?

今回はカロッツェリア・サイバーナビ最大の特徴である「スマートループ」について書こうと思う。実はこのテストを始めたのも、それがどういうものなのかを検証したかったからだ。
しかしそのスマートループ、なかなか仕組みが複雑でムズカシイ。カタログの説明の中に基礎知識として出てくる「プローブ情報」などという言葉すらよくわからない。「実際に走行している自動車から、速度や位置などのデータを無線ネットワークを通じてリアルタイムに収集、それを渋滞情報などに活用する」というものらしいが、ネットの専門用語に当惑しているご同輩のためにもまず、このプローブ情報を利用したスマートループがどういうものなのか説明していこう。

→その1はこちら。

渋滞回避に威力発揮となるか

最新のカーナビはかなり行き着くところまで行っている。細かい部分での不満はまだあるが、主な機能やカーナビ本体の中に収容する情報はほぼやり尽くした感がある。ただしこれはこれまでのカーナビ、つまりクローズドメディアとしての話であって、これからは最新情報をいかにうまく取り込んでいくかがカギになっていくはずだ。

それを市販でいち早く実現したのがスマートループ。携帯電話を通信手段とし、カーナビに最新情報を反映させるのだ。なお、スマートループの利用には、パケット通信料が発生することを最初に断わっておこう。

では、通信料を払ってまでどんな有益な情報が取り込めるのかというと、それは緻密で、より正確な渋滞情報である。
VICS情報があれば十分じゃない? という声もあるだろう。しかしVICSがカバーしている道路は全国で約7万km程度にすぎない。渋滞にはまってカーナビを見ると空いてそうな道路があるから回ってみたがやっぱり混んでいた、という経験はないだろうか。それはその道路がVICSの対象道路となっていないことが多い。実際に混んでいても情報を取っていないからカーナビにも渋滞表示がされないのである。

では何を信じればいいのか? その道を走ったクルマがここは何km/hで走れるよ、という情報を発信してくれればいいわけである。そう、あるクルマの走行データを他のクルマが利用する、その代わりに自分も情報を提供するというギブ・アンド・テイクの情報活用がスマートループのキモなのである。

このスタイルの渋滞情報提供は、トヨタの「G-BOOK mX」やホンダの「インターナビ・プレミアムクラブ」などで実施済み。しかしこれらは、利用できるのがそれぞれのユーザー間に限られているという弱点がある。囲い込みをしたのでは有益な情報になりえない。情報のサンプル数が少なければ「リアルタイムプローブ」は成り立たないからだ。

その点、パイオニアのスマートループは、市販のメリットを存分に活かしたシステムといえる。トヨタやホンダに限らずどんなクルマでも(もちろん輸入車でも)装着できる。仲間が多ければそれだけ情報量は多くなり正確さも増す。パイオニアでは昨秋、サイバーナビに加えて楽ナビにもその機能を持たせたので、スマートループの仲間は一段と多くなり、その効果アップが一段と期待できるのだ。

スマートループで取る渋滞情報は以下のメリットがある。まずカバーする道路はVICSの約5倍にあたる約33万km。VICS対象外の道路をスマートループユーザーが走ってサーバーに上げた渋滞情報は即座に受け取れるだけでなく、そのあとも蓄積して渋滞予測データの更新に役立てる。その結果ユーザーはルート探索すると、VICSデータだけでなく、リアルタイム情報、VICS圏外の情報を加えた渋滞予測データを駆使した、質の高い渋滞回避ルートを手にすることができるというわけだ。

スマートループのイメージを表わすとこうなる。ユーザーは個々の走行情報をサーバーに上げる代わりに他車が上げた情報を携帯を通して受け取る仕組みだ。
第65回:カーナビ実用テスト(その2):「スマートループ」とは何ぞや?
これまでデータになかった新しい地点情報は、パイオニア側で情報の精査を行ない確証のとれたものだけが提供される。ユーザーは必要なものを選んでダウンロードし、今後のルート探索に活用することができる。
第65回:カーナビ実用テスト(その2):「スマートループ」とは何ぞや?
渋滞予測データは以前からあったが、スマートループの登場によって信頼度が高められた。下のバーを動かすことで時間による混雑度合いを見ることができる。
第65回:カーナビ実用テスト(その2):「スマートループ」とは何ぞや?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ