【スペック】全長×全幅×全高=4765×1795×1450mm/ホイールベース=2725mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2.5リッター 直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4000rpm)/価格=246万円(テスト車=286万7400円)

マツダ・アテンザスポーツワゴン 25S(FF/5AT)【ブリーフテスト】

マツダ・アテンザスポーツワゴン 25S(FF/5AT) 2008.04.08 試乗記 ……286万7400円
総合評価……★★★

スポーティな外観を纏いつつ、ひとまわり大きくなった「マツダ・アテンザ」シリーズ。新開発の2.5リッターユニットを抱くワゴンモデルで、その実力を試した。

まさに「スポーツワゴン」

日本の自動車市場はミニバン全盛。そんななか、普通のワゴンは地味な存在。ハッチバックの仲間に入れられてしまいそうだ。
が、これは本来ドイツなど欧州向けの車種である。そう考えるならば、輸入車との比較の上で日本車を選ぶ、という納得のしかたもある。かさばる荷物ではなく、小さくとも比較的重い物や貴重品などを運ぶ職業の人にもウケそう。ストンと腰を落として座る、目線の低いスポーツカーポジションを好む人にとっては、スポーツワゴンのよさが理解されるだろう。

クーペと対極にある、すーっと長く延びたルーフラインからは居住空間のゆとりを感じるし、ノッチバックセダンでは得られない解放感もある。運転感覚は、重心が高めなミニバンと違い、低さゆえの安心感がある。ハンドリングはここ数年来、マツダ車は目ざましい向上をみせている。スタイリングにもうひと工夫あれば、さらに魅力を増すに違いない。

 
マツダ・アテンザスポーツワゴン 25S(FF/5AT)【ブリーフテスト】の画像
 
マツダ・アテンザスポーツワゴン 25S(FF/5AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る