第35回:フィアットCEOは、どんな時でもセーター姿!? そのワケがついに判明!

2008.04.05 エッセイ

第35回:フィアットCEOは、どんな時でもセーター姿!?そのワケがついに判明!

欧州カーオブザイヤー2008を受賞するマルキオンネ(写真左)。(写真=FIAT)
第35回:フィアットCEOの「ジャイアン」化! そのワケ、ついに判明!

とっても大好き、ドラえもん

突然だが、ボクは「ドラえもん」が好きだ。なぜなら登場人物が原則として着替えないからである。髪型も同じである。したがって、どれがのび太で、どれがスネ夫で、どれがジャイアンか、いつ見ても一発でわかる。

それに対してハリウッド映画のキャストは、ただでさえ判別がつきにくいガイジンのうえ、衣装協力各社への配慮からか頻繁に服装が変わる。これで髪型まで変えられると、もうお手上げだ。ストーリーについてゆけなくなる。

イタリアの実生活でも同じである。いつも白衣を着ている薬局のおばさんが普段着で歩いていると、途端にわからなくなる。だから人と会ってしばらく話していてから、「ああ、思っていたのと違う人だ」と気がつくことがよくある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。