第64回:参戦レーサーに見る、「フォーミュラ・ニッポンの価値」

2008.04.04 エッセイ

第64回:参戦レーサーに見る、「フォーミュラ・ニッポンの価値」

2007年シーズンをもって、『webCG』はフォーミュラ・ニッポンの結果リポートを休止。しかし、2001年から写真を担当してきたカメラマンは、今年もレースに熱いまなざしを向け続ける。
人気が下降線をたどるなか、熱く参戦し続けるドライバーのインタビューからわかった、フォーミュラ・ニッポンの存在意義とは……


第64回:参戦レーサーに見る、「フォーミュラ・ニッポンの価値」の画像
(写真上下とも)2007年のフォーミュラ・ニッポン王者、松田次生。
(写真上下とも)2007年のフォーミュラ・ニッポン王者、松田次生。

絶滅危惧種!?

1分38秒909……松田次生は、鈴鹿サーキットを平均時速211.36km/hで駆け抜けた。

「鈴鹿で38秒台」。それは、往年のF1ドライバー「アイルトン・セナ」の名を私の頭に浮かび上がらせた。後に“セナ足”と呼ばれたスロットルコントロールを駆使した走りを、S字コーナーの自由席から見た、遠い日の記憶――

フォーミュラ・ニッポンの公式テストが3月3-5日の3日間、三重県の鈴鹿サーキットで開催された。その一週間前には、「SUPER GT」の公式テストや「鈴鹿モータースポーツファン感謝デー」が催され、サーキットはにぎわいに包まれていた。

しかし、フォーミュラ・ニッポンの公式テストは、メディアの姿すらまばら。観客がほとんどいない閑散としたサーキットに、ただエグゾーストノートだけが響いている……そんな風景だった。

たった1日で10万人以上の観客を動員する「F1日本グランプリ」は別格としても、同じ国内のレースであるSUPER GTに比べても観客の数がはるかに見劣りするフォーミュラ・ニッポン。口の悪いひとたちは、「絶滅危惧種」とさえ呼ぶ。

しかし、参戦しているドライバーに話を聞いてみると、印象はちょっと違うのだ。みなフォーミュラ・ニッポンを高く評価し、このカテゴリーに参戦することに強い意欲を見せている。
この温度差は、いったい何なのか?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ