「日産ティーダ」世界販売台数100万台達成

2008.04.04 自動車ニュース

「日産ティーダ」世界販売台数100万台達成

日産自動車は、コンパクトハッチ「ティーダ」の世界販売台数が、2004年9月30日の発売から3年6ヶ月で100万台を突破したと発表した。

「ティーダ」は2004年9月、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチフレーズのもとに生まれたコンパクトハッチ。同年10月には3ボックセダン「ティーダラティオ」が追加発売された。
2008年1月28日にマイナーチェンジをしたディーダは、発売後約2ヶ月で月間の目標販売台数2.5倍の2万1540台超えが売れる好調ぶり。

海外では、05年4月に中国でティーダラティオ(中国名:頤達)が、06年6月に北米でティーダ(北米名:Versa)がデビュー。翌07年6月には、欧州でもティーダが発売され、2008年3月現在で、世界165カ国で販売している。

国内外の内訳をみると、日本では28万5186台、海外では71万5529台。
近年、自動車販売において高い伸びを見せる中国市場で、06年に「中国カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。07年11月のマイチェン後、月間の平均販売台数は1万2000台と、海外でも高い評価を受けている。

(webCG ワタナベ)

「日産ティーダ」世界販売台数100万台達成の画像

関連キーワード:
ティーダラティオティーダ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
ホームへ戻る