「日産GT-R」印のニューモデル発売

2008.04.04 自動車ニュース
「NISSAN GT-R collection」のアタッシェケース。カーボン製で、50万円也。
「日産GT-R」印のニューモデル発売

「日産GT-R」印のニューモデル発売

日産自動車は、2007年12月から販売しているGT-Rのオリジナルグッズ「NISSAN GT-R collection」に17点の新商品を設定。全国の日産ディーラーやオンラインショップで販売を開始した。

「NISSAN collection」にラインナップする、アルカンターラの車検証入れ。
「日産GT-R」印のニューモデル発売

たとえば、ハンドメイドのオリジナルアタッシェケース(50万円)。東京モーターショー2007に展示したもので、シェルフレームやハンドルにドライカーボンを使用した。
さらに、ドライビング時の体の動きを考慮したオリジナルTシャツなども「日産GT-Rの走りをサポートするアイテムとして設定した」(リリース)。

これらは2008年3月末までは、日産ハイパフォーマンスセンターなどでの限定販売だったが、4月からは日産オンラインショップでも買えるようになった。

また、日産グッズを広く扱う「NISSAN collection」やモータースポーツ系の「NISMO collection」にも、マーチをモチーフにした携帯電話用ストラップ、アルカンターラの車検証入れ、オリジナルウェアといった新商品が加えられた。

詳しくは、「日産オンラインショップ」http://shop.nissan.co.jp/で。

(webCG 関)

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
ホームへ戻る