【スペック】全長×全幅×全高=4450×1993(サイドミラー含む)×1640mm/ホイールベース=2905mm/車重=1205kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 8バルブディーゼル(70ps/4000rpm、16.3kgm/1700rpm)(欧州仕様車)

ダチア・ロガンMCV 1.5 dCi(FF/5MT)【海外試乗記】

売れるにはワケがある 2008.04.02 試乗記 ダチア・ロガンMCV 1.5 dCi(FF/5MT)

世界中で大ヒットしたという、ルノー系の“激安カー”「ダチア・ロガン」。ワゴンタイプの「MCV」を駆って、実際のクオリティを検証した。

安っっっすい!

ルノーの子会社「ダチア」から、「ロガン」が“5000ユーロカー”として発表された2004年、真っ先に思い出したのは「クライスラー・ネオン」だった。

ネオンは、アメリカ市場に急進する日本車と韓国車に対抗するため作られたコンパクトセダンだ。当時の価格は9000ドル。「100万円カー」とも呼ばれた。
日本でも大々的に売り出されたが、アメ車らしくない(?)コンパクトで平凡な外観で、装備はシンプル。コストダウンを徹底して行い無理が出たのか、クオリティではなみいる日本車や韓国車に足元にも及ばなかったのを記憶している。「安かろう、悪かろう」の典型的なクルマになってしまったのは残念だった。

ロガンは、もともとルーマニア、ロシア、モロッコ、コロンビアなど、発展途上の自動車マーケット向けのクルマだった。5人乗りサルーンながら、それぞれの国での販売価格は5000ユーロ(発表当時の邦貨換算で約67万円)を想定して作られた。低価格を実現する為に労働力の安い地域で組み立て、プラットホームは「クリオ」、ギアボックスは「メガーヌ」、エンジンは「カングー」と、パーツの多くを他のルノー車から流用。原材料そのものも安い国から購入し、その予定“低”価格を実現した。
欧州市場向けには、エアバックとABSが標準装備されるため7400ユーロと割高になるが、それでも、他メーカーのライバルに対して2000ユーロ以上安い。

初期のモデルは、8バルブの直4ガソリンユニットを搭載。75psの1.4リッターと90psの1.6リッターのみだったが、現在は上級モデルとして、1.6リッターに16バルブの105psモデル、さらに、1.5リッターディーゼルdCiを2種類(70psと85ps)ラインナップする。ディーゼル仕様は、カタログ値19.6〜21.7km/リッターの好燃費を謳う。

 
ダチア・ロガンMCV 1.5 dci(FF/5MT)【短評】
 
ダチア・ロガンMCV 1.5 dci(FF/5MT)【短評】
 
ダチア・ロガンMCV 1.5 dci(FF/5MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。