ワゴンボディの「プジョー207SW」が発売開始

2008.04.01 自動車ニュース

ワゴンボディの「プジョー207SW」が発売開始

プジョー・シトロエン・ジャポンは2008年4月14日から、ステーションワゴン「プジョー207SW」を販売すると発表した。スポーティグレード「207SW GTi」は6月に追加予定。

■荷室アクセスに一工夫

2007年3月にハッチバックモデル「207」が日本上陸を果たしてから、およそ1年遅れてステーションワゴン「SW」が導入された。
ディメンションは全長×全幅×全高=4150×1750×1535mmと、ハッチバックと比較して120mm長く、40mm高い。ホイールベースの2540mmは、同じである。
インテリアは基本的にハッチバックと共通だが、リアシート位置を後方に下げたことで、レッグスペースが拡大された。サイドまで回り込んだリアウインドウと、約1.1m2の面積を持つパノラミックガラスルーフも特徴である。

荷室容量は、5名乗車時で337リッター、リアシートを折り畳むと最大で1258リッター。ラゲッジフロア下、横にも収納スペースがある。後部座席から操作できるパーセルシェルフや、ガラス部のみ開閉できるリアゲートなど、荷室へのアクセスも考えられた。

搭載エンジンもハッチバックと同様2種のラインナップ。ベースグレードに搭載される1.6リッターNAは120psと16.3kgmを発生し、4段ATを組み合わせる。スポーティグレード「GTi」には、ターボチャージャー付きの1.6リッター(150ps、24.5kgm)が与えられ、こちらは5段MTが組み合わされる。

6エアバッグと、5名分の3点式シートベルト、ESPを安全装備として標準採用。欧州の衝突テスト「ユーロNCAP」では5つ星を獲得した。

価格は「207SW」が269.0万円で、受注生産となるレザー内装を選ぶと290.0万円。6月に追加設定される「GTi」は335.0万円となる。

(webCG 本諏訪)


ワゴンボディの「プジョー207SW」が発売開始の画像

ワゴンボディの「プジョー207SW」が発売開始の画像

ワゴンボディの「プジョー207SW」が発売開始の画像
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る