プジョーが自転車競技チームのスポンサーに

2012.01.26 自動車ニュース

プジョー、自転車競技チーム「Peugeot Cycles Nippon」のスポンサーに

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年1月25日、全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の登録チーム「Fuji-Cyclingtime.com Japon」に対し、同社のスポーツアクティビティー支援の一環としてスポンサーシップを行うと発表した。

プジョー・シトロエン・ジャポンはチーム活動を支援するために、クロスオーバーモデルの「3008」を「Fuji-Cyclingtime.com Japon」に貸与する。また、今回の決定に伴い、チームは名称を「Peugeot Cycles Nippon」に変更する。

同社は、活躍が期待される「Peugeot Cycles Nippon」へのスポンサーシップを行うことにより、アクティブなブランドイメージの強化を狙う。市場に魅力的なカーライフを提案するとともに、さらなるユーザーの拡大を目指す。

「Fuji-Cyclingtime.com Japon」は「NFCC(日仏サイクリングチーム)」として2006年に設立された。日本だけにかぎらず国際的なスポーツシーンにおいても新しい才能の発掘と育成に寄与しており、2011年ジャパンプロツアーでは24チーム中9位にランキングされた。

チームが2012年シーズンに使用する自転車は、プジョーサイクルズの「rsr01」と「rsr02」というレーシングモデルで、どちらも仏プジョー本社とプジョーサイクルズから提供される。

(webCG 竹下)

プジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久社長(左から6人め)と「Peugeot Cycles Nippon」のメンバーたち。上野社長の右隣がチーム監督のステファン・フォレスト氏。
プジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久社長(左から6人め)と「Peugeot Cycles Nippon」のメンバーたち。上野社長の右隣がチーム監督のステファン・フォレスト氏。
プジョーサイクルズ「rsr01」
プジョーサイクルズ「rsr01」
チームに提供される「プジョー3008」
チームに提供される「プジョー3008」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。