メルセデス・ベンツ「Cクラス」に廉価モデルが追加

2008.04.01 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「Cクラス」に廉価モデルが追加

メルセデス・ベンツ日本が、Cクラスのラインナップにシリーズ最安となる「C200コンプレッサー」を設定し、2008年4月1日に発売した。

■HDDナビ付きで、従来より28万円安

これまでメルセデス・ベンツCクラスのラインナップは、上質さを狙ったエレガンス系のもっとも廉価なモデルが「C200コンプレッサー エレガンス」で455万円。スポーティなアバンギャルド系では「C200コンプレッサー アバンギャルド」が473万円。これら2モデルが2系統あるうちのボトムレンジをそれぞれ担っていた。

2007年6月の現行モデル発売から10か月が経過し、このたびラインナップに追加された「C200コンプレッサー」は、エレガンスやアバンギャルドの名が付かない、本当の意味でのベーシックモデルだ。

搭載エンジンは、C200コンプレッサー エレガンスやC200コンプレッサー アバンギャルドと同じ、1.8リッターのスーパーチャージャー付きユニット(184ps/25.5kgm)。従来モデルと異なるのは、装備類と一部の外装パーツ。そしてエレガンスより28万円安い、427万円の車両価格だ。

装備面では、ウッドパネルの代わりに採用されるピアノラッカー調のインテリアパネルや、7本スポークタイプのアルミホイールなどが従来モデルと異なるところ。車速に応じてステアリングの重さを調節するパラメータステアリングや乗降用ライト、リモートトランクリリースなども簡素化される。とはいえ、室内装備のハイライトであるHDDナビゲーションシステムは、C200コンプレッサーにも標準で装備される。

(webCG 曽宮)


メルセデス・ベンツ「Cクラス」に廉価モデルが追加の画像

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス 2018.2.23 画像・写真 ダイムラーは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、マイナーチェンジを施した「メルセデス・ベンツCクラス」を披露する。その姿を画像で紹介する。
  • 「レンジローバー ヴェラール」に3モデルの特別仕様車 2018.5.23 自動車ニュース 「レンジローバー ヴェラール」に「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」の3タイプの特別仕様車が登場。「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2018」の受賞を記念したもので、アダプティブクルーズコントロールをはじめとした充実した装備が特徴となっている。
  • 全身ブラック仕立ての「BMW M2クーペ」が100台限定発売 2018.5.23 自動車ニュース BMWジャパンは2018年5月22日、「BMW M2クーペ」に特別仕様車「エディションブラックシャドウ」を設定し、注文受け付けを開始した。100台の台数限定販売で、納車は同年7月以降となる予定。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る