フィアット「グランデプント」が一部改良で“滑りづらく”

2008.04.01 自動車ニュース

フィアット「グランデプント」が一部改良で“滑りづらく”

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンが、フィアット・グランデプントの仕様を一部変更し、2008年4月1日にニューモデルの販売を開始した。

■ESPを全車に装備

今回の仕様変更では、新たにESPが標準装備となったのが大きなポイント。搭載するESPには、横滑り防止装置の代表的機能であるASR(アンチ スリップ レギュレーション)のほか、シフトダウン時のエンジンブレーキトルクを適切に制御するMSR(エンジンブレーキ トルク コントロール)や緊急制動時に踏力が弱い場合でも最大の制動力を発揮するHBA(ハイドローリック ブレーキアシスト)、坂道発進時に車両の後退を防ぐヒルホールドシステムなどの機能が備わる。

また、今回の仕様変更ではフロント、リア、ホイール、ステアリングにそれぞれ新ロゴを用いたフィアットのエンブレムが装着されたほか、カラーコンビネーションも一部変更になった。

新価格は、一律5万円高、187万円から233万円までとなる。

(webCG 曽宮)


フィアット「グランデプント」が一部改良で“滑りづらく”の画像

フィアット「グランデプント」が一部改良で“滑りづらく”の画像

フィアット「グランデプント」が一部改良で“滑りづらく”の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る