新型「レクサスGS」、日本国内で販売開始

2012.01.26 自動車ニュース
新型「レクサスGS450h」。写真はスポーティーグレードの「F SPORT」。
新型「レクサスGS」、日本国内で販売開始

新型「レクサスGS」、日本国内で販売開始

トヨタ自動車は2012年1月26日、ミドル級セダン「レクサスGS」の新型を発表。このうち、V6ガソリンエンジンを搭載する「GS250」と「GS350」を同日に発売した。ハイブリッドモデル「GS450h」は、2012年3月19日に発売される。

サイドビュー。幅と高さはわずかに増えるも、前後の長さとホイールベースは、先代モデルと変わらない。
サイドビュー。幅と高さはわずかに増えるも、前後の長さとホイールベースは、先代モデルと変わらない。

新型「レクサスGS」、日本国内で販売開始の画像

■目指したのは「楽しい走り」

2011年8月にアメリカでお披露目され、年末の東京モーターショーで国内デビューを飾った新型「レクサスGS」が、晴れて発売の時を迎えた。

日本におけるレクサスブランド開業と同時に初代「GS」の販売がスタートして以来、約6年半ぶりのフルモデルチェンジ。「GS」すなわち「Grand touring Sedan」の名称を受け継ぐ新型は、これまでとほぼ同じボディーサイズを維持しながら、「より感性に響く楽しい走り」を追求。同時に、居住性の向上やラゲッジルームの拡大といった実用性の向上も図られた。

ラインナップは大きく分けて、2.5リッターV6エンジンを搭載する「GS250」と3.5リッターV6エンジンを積む「GS350」、さらに3.5リッターガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッドモデル「GS450h」の3本立て。それぞれに、専用のエクステリアや足回りが与えられるスポーティーグレード「F SPORT」が用意される。

各グレードの価格は、「GS250」が510万円〜600万円、「GS350」は580万円〜710万円、「GS450h」は700万円〜800万円。今後は国内外の市場において、日本車はもちろんのこと、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといったドイツ勢と渡り合うことになる。


新型「レクサスGS」、日本国内で販売開始の画像
ダッシュボードの中央には12.3インチの大型ディスプレーが鎮座。その下には、レクサス車として初めてアナログ時計も置かれる。
ダッシュボードの中央には12.3インチの大型ディスプレーが鎮座。その下には、レクサス車として初めてアナログ時計も置かれる。
インテリアの様子。ヘッドクリアランス、後席ニールームともに、先代モデルよりも広くなった。
インテリアの様子。ヘッドクリアランス、後席ニールームともに、先代モデルよりも広くなった。

■すっかりイメージチェンジ

新型「GS」の外観で最も目を引くのは、エッジの効いた大きな開口部「スピンドルグリル」が設けられたフロントまわりだ。矢じりのようなラインを描くLED式ポジションランプも、存在感を強調するディテールのひとつ。
全体的なシルエットも、これまでの丸みを帯びたものから「LS」や「IS」を思わせるシャープなものと変更され、見る者に世代の違いを印象付ける。

そんなボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm(FR車)で、ホイールベースは2850mm。プラットフォームは新設計となるものの、先代モデルと比べると、わずかに30mm高く、20mm幅広いのみ。ホイールベースも変わらない。
外寸の大型化を避ける一方で、これまでウイークポイントとされていた室内スペースについては、前後ヘッドクリアランス、後席ニールームともに拡大。「身長2mの乗員でも窮屈に感じないだけのスペースが確保されている」という。

パッセンジャーを包み込むインテリアそのものも、水平基調のインストゥルメントパネルを採用するなど、これまでとは異なるイメージを演出。世界最大サイズをうたう12.3インチの液晶ディスプレーや、カーナビゲーションやオーディオなどを手元で操作できる、他のレクサス車でもおなじみの遠隔操作デバイス「リモートタッチ」が、ライバル車とは違った個性を主張する。

先代モデルで控えめと評されることの多かったトランクルームの容量は、430リッターから530リッター(ハイブリッドモデルは300リッター→465リッター)へと大幅に拡大。さらに床下には、36リッター(同17リッター)の予備スペースも用意される。幅が170mm広がった開口部とも相まって、「4つのゴルフバッグがスムーズに出し入れできる」とメーカーも胸を張る。

「GS350」シリーズに搭載される、3.5リッターV6エンジン。
「GS350」シリーズに搭載される、3.5リッターV6エンジン。
荷室容量は大幅に拡大。開口部の幅も、先代モデルより170mm広げられた。
荷室容量は大幅に拡大。開口部の幅も、先代モデルより170mm広げられた。

■パワーユニットは3種類

そんな新型「レクサスGS」のパワーユニットは、「GS250」に搭載される2.5リッターV6(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)と「GS350」の3.5リッターV6(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)、さらにアトキンソンサイクル化した3.5リッターV6ガソリン(295ps/6000rpm、36.3kgm/4500rpm)を電気モーター(200ps、28.0kgm)がサポートするハイブリッドユニットの3種類。
先代モデルに見られたV8エンジン搭載車は用意されず、そのハイパフォーマンスグレードとしての役割は、同レベルの動力性能を有するとされるハイブリッドモデル「GS450h」が引き受けることになる。

JC08モードの燃費値は、GS250が10.8km/リッターで、GS350が9.9km/リッター。なかでもGS450は、先代モデルの12.8km/リッターを大きくしのぐ18.2km/リッターを実現した。エンジン回転数などに応じて吸気ポートからの燃料噴射とシリンダー内への直接噴射を使い分ける燃料噴射システム「D4-S」の採用や、モーター駆動効率の向上など、細部にわたる改良の結果だという。

トランスミッションは、ガソリン車は6段ATで、ハイブリッドモデルはCVT。駆動方式はFRが基本であるものの、例外的に「GS350」だけは4WDモデルも用意される。

スポーティーグレード「F SPORT」に与えられる19インチアルミホイール。
スポーティーグレード「F SPORT」に与えられる19インチアルミホイール。
センターコンソールには、走行モードの切り替えスイッチが備わる。写真は、ハイブリッドモデル「GS450h“F SPORT”」のもの。
センターコンソールには、走行モードの切り替えスイッチが備わる。写真は、ハイブリッドモデル「GS450h“F SPORT”」のもの。
「GS250“F SPORT”」のリアビュー。
「GS250“F SPORT”」のリアビュー。

■“走り”専用のグレードも用意

次世代レクサスの中核モデルと位置付けられる新型「GS」では、走りの質を向上させる様々な取り組みも見どころとなっている。

剛性が14%アップしたボディーには、前:ダブルウィッシュボーン式、後:マルチリンク式の新開発サスペンションが組み合わされ、一部グレードには、道路状況や路面状況に応じてショックアブソーバーの減衰力を4段階に自動調節するAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム)も与えられる。
ドライバーの好みに応じて、スイッチひとつでECO/NORMAL/SPORT S/SPORT S+(グレードによりECO/NORMAL/SPORT)と走行モードが切り替えられる「ドライブモードセレクト」も、全車に標準で備わる。

さらに走りにこだわるユーザーに対しては、スポーティーグレード「F SPORT」も用意される。
こちらは、専用デザインのエクステリア/インテリアパーツ、専用セッティングが施されたサスペンション、大径18インチフロントブレーキローターといったハードウェアで武装するだけでなく、ギア比の変わるステアリング「VGRS」と後輪操舵(そうだ)「DRS」を併用することでより自在なハンドリングが得られるというハイテク「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリング・システム)」も装備。
新型「GS」が掲げる“楽しい走り”をさらに高い次元で実現するグレードとして、「GS250」、「GS350」、「GS450h」それぞれのモデルで選べるようになっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る