第34回:シトロエン好きならおいで! シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場

2008.03.29 エッセイ

第34回:シトロエン好きならおいで!シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場

そそられるショップ

パリ・シャンゼリゼ通りのシトロエン・ショールームが「C42」として昨2007年9月に生まれ変わったことは既報のとおり。その後のショールームには、グッズショップが開設され、次第に充実している。

コーナーは1階奥にあり、シトロエンおよび「C42」関連グッズが取り揃えられている。
お客さんより妙に店員さんのほうが多いのはなぜ? とか、グランドオープンのときに一緒に始めればよかったのに? という疑問も沸くが、まあそこはフランス流ということで許そう。

販売されているアイテムは、洗練されたデザインのものが多い。ここでしか買えない「C42」グッズも多数で、なかには同館を設計した女性建築家マヌエル・ゴートラン監修のものもある。
真正シトロエニストの好奇心をそそるものも多数取り揃えられている。
ミニカーも各種ある。主要モデルのみでカルト車種はなく、また円換算すると決して安くないが、いずれもエンスージアストを満足させるレベルだ。価格はシルバーに塗られた「BX」前期型で29ユーロである。

いっぽう壁面のショーケース内に目を移せば、新婚カップルと一緒の「トラクシォン・アヴァン」が飾られていたりする。人形は非売品だろうが、フランスの田舎の結婚式で今も時折見られる、人々の心のツボを突いた粋な演出である。
なお数は少ないものの、書籍も売られている。

ショップに面した裏庭は、季節に合わせ風景セットが変更される。
第34回:シトロエン好きならおいで! シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場
「トラクシォン・アヴァン」と新婚さん。
第34回:シトロエン好きならおいで! シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場
こちらは筆者の友人夫婦。このような情景を再現したものと思われる。
第34回:シトロエン好きならおいで! シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場
「C42」オリジナルUSBフラッシュメモリー。
第34回:シトロエン好きならおいで! シャンゼリゼ・ショールーム限定グッズ続々登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。