メルセデス・ベンツAクラスが変わる

2008.03.28 自動車ニュース

メルセデス・ベンツAクラスが変わる

メルセデス・ベンツAクラスが変わる

2008年4月5日、ドイツでライプツィヒ モーターショーが開幕。メルセデスは新型Aクラスを発表する。


メルセデス・ベンツAクラスが変わるの画像

メルセデス・ベンツAクラスが変わるの画像

■よりスポーティに

独ダイムラーが、2008年4月のライプツィヒ モーターショーに出展する新型「メルセデス・ベンツ Aクラス」の写真と概要を公開した。新型は、従来モデルをベースに内外装のリファインと環境性能の向上が果たされたという。

外観については、新意匠のヘッドライト、ラジエターグリル、バンパー、リアコンビランプなどを採用。イメージを刷新した。またホイールデザインも変更され、従来モデルよりスポーティな印象となった。

インテリアには、新デザインのセンターパネルが採用された。センターコンソールの収納力もアップ、カップホルダーの見栄えも変わった。


メルセデス・ベンツAクラスが変わるの画像

メルセデス・ベンツAクラスが変わるの画像

■アイドリングストップ&パーキングアシストを搭載

今回のマイナーチェンジの目玉は、低燃費化を実現する「BlueEFFICIENCY」(ブルーエフィシェンシー)パッケージが追加されたこと。ラジエターグリルのシーリングや10mmの車高ダウンなどにより、空力性能の向上(燃費アップ)が図られているほか、停止時にアイドリングストップを自動的に行う新開発の「ECOスタート/ストップ」が搭載される。これにより「A160 CDI BlueEFFICIENCY」の場合で100kmあたりの燃料消費量が約0.4リッター減り、燃費は約22.2km/リッターを実現すると謳われている。

BlueEFFICIENCYは、CDI(ディーゼル)だけでなく、ガソリン仕様にも設定される。2008年秋には「A150 BlueEFFICIENCY」と「A170 BlueEFFICIENCY」が追加される予定だ。

装備面では、車庫入れをサポートする「パーキングアシスト」の採用が新しい。同装備はリバースギアに入れた際に、車両後方をモニターに映し出し、ステアリング操作を車両が代行する装備のこと。トヨタ・プリウスなどと同様、ドライバーはアクセルとブレーキ操作を行うだけで済む便利装備が、メルセデス・ベンツにも採用されることになる。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
Aクラスメルセデス・ベンツイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る