第354回:最近のデジカメ地獄に一言
 カメラはフィルムを買っている!

2008.03.28 エッセイ

第354回:最近のデジカメ地獄に一言 カメラはフィルムを買っている!


第354回:最近のデジカメ地獄に一言 カメラはフィルムを買っている!

買っているのは“最新のフィルム”

今回は久々にハズしてカメラのお話。先日、某有名グラビアカメラマンと話してて大変勉強になったというか、感銘を受けた言葉がある。それは「デジカメはカメラを買うんじゃない、フィルムを買ってるんだよ」というもの。

ううーん、なるほど! 目からウロコが落ちました。しかも彼は、かなりの売れっ子だというのに「僕はカメラを絶対現金で買わない。出たその日にローンで買う。誰だってフィルムを5年分まとめて買わないし、そんなことしたら腐っちゃうでしょう。それにそうしないと、すぐに元を取ろうとか思って仕事が荒れちゃう。だから余裕を持ってローンで買って、新しいカメラが出たらすぐに買い替えちゃうんだよ。そうやって“最新のフィルム”を買うわけ」と。

にゃるほど、そう考えるのか。さすがは売れっ子。勉強になりました。まさしく新たな時代のリスクマネージメントである。

実は最近のデジカメのモデルサイクル、進化具合はものすごくて、プロユースで考えるとキヤノンEOS-1DマークIIIで40万円前後、1DsマークIIIなら80万円、定価レベルで考えると100万円もする。そのうえ2〜3年でどんどんモデルチェンジしちゃう。

もちろん、俺レベルじゃ約630万画素CMOSのEOS10Dレベルで十分。たしか10万円ぐらいで買ったと思うけど、もはや5年も経つとさすがに動作は遅いし、画素数も少ないので、最新型が欲しいなぁ〜と思って調べると最新型40Dで10万円前後、kiss X2でも7万円はする。1Dと比べると安いけど、バカにならない投資だし、他社品もまあ同様だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』