第63回:カーナビ実用テスト(その1)−AVIC-XH099を選んだワケ

2008.03.27 エッセイ

第63回:カーナビ実用テスト(その1)−AVIC-XH099を選んだワケ

テスト機としてとりあげた「カロッツェリアAVIC-XH099」。28万3500円(税込み)。
第63回:カーナビ実用テスト(その1)−AVIC-XH099を選んだワケ

カーナビは長く使ってみなければ善し悪しはわからない。新製品紹介記事ではけっして得られない真の実力をお知らせしようというのが「カーナビ実用テスト」だ。実車に装着し、普段使いを存分に試した上でのリポートをしていこうと思う。

エアコン吹き出し口の上にある格好のスペースにオンダッシュ・モニターを設置。テスト車「アルファ164」の場合、ここしかなかったとも言える。
カーナビ実用テスト第1回:AVIC-XH099を選んだワケ

この時期にカーナビを買うのは是か非か

カーナビを買うのはいつがいいか? というのは永遠の課題のような気がする。新型は新しい機能を載せて登場する。それはたしかに魅力的だが、出てすぐというのは性能面で安定しないことが多く、話題の新製品ほど数ヵ月待ってから買うのが安心できる買い方だ。

カーナビもそろそろ新製品の話題が飛び交う。ゴールデンウィーク前後にはいくつもの新製品が発表されるだろう。しかしその前の今こそ、安定した製品をこなれた値段で買える絶好の時期ということもできる。

本体はリアのトランク内に据え付けたオーディオラックに置いた。CDの出し入れもそうだが、099の場合、ブレーンユニットと呼ばれるHDDを自宅に持ち帰って行なう作業が多いので、アクセスしやすい場所に置くのがよい。
カーナビ実用テスト第1回:AVIC-XH099を選んだワケ

オンダッシュ・カーナビはもはや少数派

今回テストしたのは、カーナビの現行製品の中でも傑出した機能を持つカロッツェリア・サイバーナビである。まず概要から。サイバーナビはカロッツェリアのカーナビ・ラインナップの中での最上位製品。“楽ナビ”より高級仕様、かつ高機能であることを売り物にしている。型番の末尾「099」というのが2007年モデルを表す。

装着したのは3種類ある099シリーズのうちモニターが固定据え付けタイプの「XH099」。あとの2種はいわゆる“AVN”タイプの2DIN型と、モニターが電動で格納されるタイプである。後者のインダッシュモニター型の利点は何よりスマートなこと。盗難防止の効果もある。しかしダッシュボードに1DINのスペースがなければ装着できないし、IDINのスペースがあっても位置が低ければ見にくくてしょうがない。つまり条件が揃わないと真価が発揮できない。

それに対して今回選んだオンダッシュモニターは、取り付け台座をダッシュの上面などに貼り付けてモニターを固定するタイプなので、たいていのクルマに付けられる。ただし、最近はオンダッシュ型を用意するメーカーは少なくなり、現在ではサイバーナビのAVIC-XH099とパナソニックのFクラス(CN-HDS960)くらいしかない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ