スズキ、インドで「スイフトセダン」を発売

2008.03.26 自動車ニュース

スズキ、インドで「スイフトセダン」を発売

スズキのインド子会社マルチ・スズキは、2008年3月26日、コンパクトハッチ「スイフト」のセダンタイプとなる「SWIFT DZire(スイフト ディザイア)」をインドで販売すると発表。同月29日から販売を開始する。

「スイフトセダン(スイフト ディザイア)」は、その名の通り、コンパクトハッチ「スイフト」にトランクルームを追加したモデル。
エンジンは、1.3リッターのガソリンとディーゼルを搭載。オーディオスイッチ付きステアリングホイールや、フルオートエアコン、オートドアロック、運転席・助手席SRSエアバッグ、4輪ABSなどを装備する。

マルチ・スズキでは、現在、「Alto(アルト)」「Maruti800(マルチ800)」「Zen Estilo(ゼン エスティロ)」「WagonR(ワゴンR)」「SWIFT(スイフト)」「SX4セダン」などの乗用車を販売している。今回「スイフトセダン」を投入することで、インド乗用車市場でのさらなる拡販を図っていくという。

生産は、「スイフト」「SX4セダン」と同じマネサール工場で行なわれる。

(webCG ワタナベ)

「SWIFT DZire(スイフト ディザイア)」
「SWIFT DZire(スイフト ディザイア)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る