BMW1シリーズに、オープンバージョン追加

2008.03.26 自動車ニュース

BMW1シリーズに、オープンバージョン追加

BMWジャパンは2008年3月26日、最もコンパクトな「1シリーズ」にオープンバージョンの「カブリオレ」を追加。同日に発売した。

■ライバルはいません!

トランクを背負った2ドアモデル「135iクーペ」の導入からちょうど1か月、「BMW1シリーズ」に、新たにオープンバージョンが追加された。既報のとおり、今年1月のデトロイトショーでデビューした「カブリオレ」は、同ブランドにとって「初のコンパクトなプレミアム・カブリオレ」。セカンドカーになりがちなオープン2シーター「Z4」と異なり、4シーターのファーストカーとして、新規顧客の開拓を狙う。

日本に導入されるのは、2リッター直4ガソリンエンジン(156ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)を積む、右ハンドルの6ATモデル1種類のみ。
価格は、434.0万円となっている。

■22秒で開閉可能

ボディのスリーサイズは、先にデビューした1シリーズクーペと同じで、全長×全幅×全高=4370×1750×1410mm。ホイールベースは2660mm。兄貴分「3シリーズ・カブリオレ」の4590×1780×1385mm(ホイールベース=2760mm)と較べて、ひとまわり小さい。
「ロングノーズ」「ショートオーバーハング」「低いショルダーライン」「フラットなリアエンド」を主張するデザインで、乗員にいっそうの開放感を提供するという。なお、このオープンモデルにおいても、前後重量配分=50:50にこだわった。

定員は、クローズドボディの2ドアクーペに同じく4名。肝心のルーフは電動式のソフトトップで、開閉時間は22秒。走行中でも、車速40km/h以下であれば、オープン動作を始められる。
安全面も抜かりなく、リアシートのヘッドレスト部にポップアップ型のロールオーバーバーを備えるだけでなく、Aピラーも大幅に強化し、同様の役割をもたせたという。

荷室は、ルーフを閉じた状態で305リッター、オープン時(=トップ収納時)で260リッターの容量を確保。リアシート中央部を荷室とつなげて、長尺物を積むこともできる。

(webCG 関)

「1シリーズ・カブリオレ」。傍らに立つのは、BMWジャパンのヘスス・コルドバ社長。
「1シリーズ・カブリオレ」。傍らに立つのは、BMWジャパンのヘスス・コルドバ社長。
ハンドル位置は右のみ。変速はステップトロニック付きの6ATだ。
ハンドル位置は右のみ。変速はステップトロニック付きの6ATだ。
ルーフは、流行のメタルではなく、ファブリックが選ばれた。車内のボタンかリモコン操作で開閉できる。
ルーフは、流行のメタルではなく、ファブリックが選ばれた。車内のボタンかリモコン操作で開閉できる。

BMW1シリーズに、オープンバージョン追加の画像
BMW1シリーズに、オープンバージョン追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る