量産型「スズキ・キザシ」はこんな感じ? 「コンセプト Kizashi 3」発表【ニューヨークショー08】

2008.03.25 自動車ニュース

【ニューヨークショー08】量産型「スズキ・キザシ」はこんな感じ? 「コンセプト Kizashi 3」発表

スズキは、2008年3月21日に開幕したニューヨークショーで、新たなコンセプトカー「コンセプト Kizashi 3」を発表した。

「コンセプト Kizashi 3」は、スズキが本来得意とするコンパクトクラスを超えた、いわゆる「Dセグメント」に属するモデル。2007年のフランクフルトショーに出品した「Kizashi」(キザシ)、さらに東京モーターショーでお披露目した、SUV風の「Kizashi2」(キザシ2)の流れをくむもので、同コンセプトの“完結型”とされる。すなわち、量産型に最も近いモデルである。
全長×全幅×全高=4650×1900×1450mmで、ホイールベースは2800mm。先の「2」に較べ、全長を除くすべての寸法が50mmずつ小さくなった。

3.6リッターV6のパワーユニットは、同社の市販車で過去最高となる300psを発生。6段ATを介し、四輪を駆動する。その足先には21インチの特大ホイールが組み合わされる。

量産化に際しては、ハイブリッドシステムやクリーンディーゼルシステムの採用も検討しているという。

(webCG 関)

「コンセプト Kizashi 3」
「コンセプト Kizashi 3」

関連キーワード:
キザシスズキニューヨークモーターショー2008イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記
  • スズキSX4セダン 1.5G(FF/4AT)【試乗記】 2007.8.7 試乗記