【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブ(69ps/5500rpm、10.4kgm/3000rpm)/価格=233.0万円(テスト車=同じ)

フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)【試乗速報】

日本にぴったり 2008.03.25 試乗記 フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)
……233.0万円

2007年にデビューしたリバイバル版「フィアット500」が、いよいよ日本でも発売開始。初期導入される1.2リッターモデルを、初春の東京で試した。

とにかくカワイイ

「FIAT500」は「フィアット・ゴヒャク」とも読めるが、愛情をこめて「チンクエチェント」と呼ぶ人は多い。別に、イタリア車をイタリア語で呼ばなきゃならない決まりはないけれど、やっぱりチンクエチェントの方がしっくりとくる。姿形からくるイメージと語感が一致するからなのかも知れない。

そのチンクエチェントが日本でも発売になった。1/1モデルのミニカーを思わせる姿形は、誰が見ても可愛いいと感じるはず。人一倍カワイイと思った筆者は待ちきれずに、イタリアまでこのクルマのドライブ旅行に行っちゃいました。
母国で乗ったチンクエチェントは1.4リッターの6段MTで、乗り心地の硬さが気になった。日本仕様の1.2リッター、デュアロジック(ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション)は、どんな風に仕上がっているのか、そこが一番興味のあるところだ。

今回の試乗会は朝9時半開始の予定だったが、8時半には会場の明治記念館に着いてしまった。気がはやる。もうクルマの準備が整っていたこともあって、フライング試乗が許された。さあどこに行こうか、さほど迷わず皇居の周りをまず一周した。
イタリアでは、チンクと5000km以上をともに過ごしてきた。そのあとで、改めて日本の路上を右ハンドルの日本仕様で走ってみると……やっぱりカワイイの一語に尽きる!

「500」はフィアットスタイルセンターが設計、ポーランドのティヒ工場で生産される。
「500」はフィアットスタイルセンターが設計、ポーランドのティヒ工場で生産される。
特別仕様車「フィアット500 1.2 8V ラウンジSS」のボディカラーは、(写真奥から順に)ボサノバホワイト、モッドブルー、パソドブレレッドの3色。
特別仕様車「フィアット500 1.2 8V ラウンジSS」のボディカラーは、(写真奥から順に)ボサノバホワイト、モッドブルー、パソドブレレッドの3色。
1.4のチンクでは、イタリアのシチリア島にも行ってみた。写真は、最高峰エトナ山の登山道でのひとこま。(JS)
1.4のチンクでは、イタリアのシチリア島にも行ってみた。写真は、最高峰エトナ山の登山道でのひとこま。(JS)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る