特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売

2012.01.26 自動車ニュース
「マツダ・ビアンテGRANZ(グランツ)」
特別な内外装の「マツダ・ビアンテ グランツ」発売

特別な内外装の「マツダ・ビアンテ グランツ」発売

マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。


特別な内外装の「マツダ・ビアンテ グランツ」発売

「マツダ・ビアンテ」の「GRANZ」および「GRANZ-C」は、アイドリングストップ機構が備わる上級グレード「20S」をベースに、内外装をドレスアップした特別仕様車。

エクステリアは、“パワフル&ブライト”をテーマに専用のフロントバンパーやめっきのトップバー、シルバーのリアフィニッシャーモール、マフラーカッターなどで飾られ、インテリアも、デコレーションパネルやスカッフプレートでノーマルとの差別化が図られる。

さらに、「GRANZ」には17インチのアルミホールとディスチャージヘッドランプ、本革巻きのステアリングホイールおよびシフトノブ、キーレスエントリー&スタートシステムが、「GRANZ-C」にはハロゲンヘッドランプと16インチスチールホイール(ホイールキャップ付き)が与えられる。

価格は、以下のとおり(カッコ内はベースモデル「20S」との価格差)。

・ビアンテGRANZ:257万円(+8万円)
・ビアンテGRANZ-C:250万円(+1万円)

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る