第2戦マレーシアGP、ライコネン復活の1勝【F1 08】

2008.03.23 自動車ニュース
悪夢のオーストラリアから、本領発揮のマレーシア。フェラーリのキミ・ライコネン(右から2番目)が独走で優勝。2位はBMWのロバート・クビサ(一番左)、3位はマクラーレンのヘイキ・コバライネン(一番右)。(写真=Ferrari)
第2戦マレーシアGP、ライコネン復活の1勝【F1 08】

【F1 08】第2戦マレーシアGP、ライコネン復活の1勝

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2008年3月23日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。

フェラーリのキミ・ライコネンが、1週間前の開幕戦の大敗を払拭する活躍をみせ、独走のうち優勝した。

2位には、キャリア最高位、BMWザウバーのロバート・クビサ。3位はマクラーレン・メルセデスのヘイキ・コバライネンだった。

スタートシーン。ポールシッターのフェリッペ・マッサは、2番グリッドのライコネンを牽制し1コーナーへ。(写真=Ferrari)
第2戦マレーシアGP、ライコネン復活の1勝【F1 08】

以下、4位にトヨタのヤルノ・トゥルーリ、5位はマクラーレンのルイス・ハミルトン、6位BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、7位レッドブル・ルノーのマーク・ウェバー、8位ルノーのフェルナンド・アロンソがそれぞれ入賞した。

ホンダは、ジェンソン・バトンが10位、ピットレーンのスピード違反を取られたルーベンス・バリケロは13位でゴール。スーパーアグリ・ホンダは、アンソニー・デイヴィッドソン15位、佐藤琢磨は16位で完走した。
ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は、前戦のクラッシュのペナルティにより10グリッド降格、最後尾からスタートし、しんがりの17位でレースを終えた。

たとえマクラーレンにグリッド降格ペナルティが科されなかったとしても、ライコネンに敵はいなかっただろう。マッサのリタイアが、フェラーリにとっての痛手。(写真=Ferrari)
たとえマクラーレンにグリッド降格ペナルティが科されなかったとしても、ライコネンに敵はいなかっただろう。マッサのリタイアが、フェラーリにとっての痛手。(写真=Ferrari)
フェラーリには追いつけず、しかし他車からは脅かされず。BMWのクビサは、孤独なレースを自身最高位の2位で終えた。(写真=BMW)
フェラーリには追いつけず、しかし他車からは脅かされず。BMWのクビサは、孤独なレースを自身最高位の2位で終えた。(写真=BMW)
開幕戦から一転、いまいち冴えがなかったマクラーレン。コバライネン(写真)が表彰台の一角にのぼったが、ルイス・ハミルトンは、ピット作業の不手際などで5位に終わった。(写真=Mercedes Benz)
開幕戦から一転、いまいち冴えがなかったマクラーレン。コバライネン(写真)が表彰台の一角にのぼったが、ルイス・ハミルトンは、ピット作業の不手際などで5位に終わった。(写真=Mercedes Benz)

■フェラーリ復活、しかし1-2ならず

マクラーレンの2台は、予選Q3のスローラップ中にハイドフェルドとアロンソの進路を妨害したとして、それぞれ5グリッド降格のペナルティを受けた。

コバライネン8位、ハミルトン9位と中段からスタートせざるを得なくなったマクラーレンに対し、フェラーリはフロントローを独占。週末をとおしスピードで他を圧倒、悪夢の開幕戦から一転、本来の実力を発揮し始めた。

ポールシッターのマッサは、スタートで僚友ライコネンを牽制しながらトップを維持し1コーナーへ。ライコネンは2位を守り、チームメイトを視野におさめながら序盤の周回を重ねた。第1スティントでマッサの1周後、18周目にピットへ駆け込んだライコネンは、インラップでの好走が奏功し、首位を奪うことに成功した。

あとはライコネン一人旅。唯一のチャレンジャーであるマッサは、開くばかりの差に焦ったか、2位走行中のレース半ば、31周目にスピン、コースアウト。グラベルに足を取られ、そのままリタイアした。フェラーリは、実現可能な1-2フィニッシュをふいにした。

マッサの脱落により、クビサに2位の座が舞い込んできた。4番グリッドからスタートで3位に躍り出たクビサは、フェラーリにはかなわぬがその他にはアドバンテージを有し、前も後ろも隙間のある、孤独なレースをしいられた。

開幕戦ウィナー、ハミルトンは、スタートで9位から5位にジャンプアップした。しかしピットでタイヤ交換に手間取り、10秒という時間をロス。優勝はもちろん、ポディウムすらも遠のいた。レース終盤、好調トヨタのトゥルーリと4位を争い、1秒を切るまで迫ったが時間切れを迎えた。
いっぽうのコバライネンは、トラブルフリーで走りきり、マクラーレンでの初表彰台を手にした。

トヨタは善戦。ヤルノ・トゥルーリ(写真)は予選3位から4位でゴール。レース終盤、ハミルトンの猛プッシュにも屈しなかった。ティモ・グロックは、10番グリッドからスタートするも1周目に他車と接触、リタイア。(写真=Toyota)
トヨタは善戦。ヤルノ・トゥルーリ(写真)は予選3位から4位でゴール。レース終盤、ハミルトンの猛プッシュにも屈しなかった。ティモ・グロックは、10番グリッドからスタートするも1周目に他車と接触、リタイア。(写真=Toyota)
ホンダは、11番グリッドのジェンソン・バトンが10位、14番グリッドのルーベンス・バリケロは13位完走。オーストラリアのアルバート・パークとは違い“ノーマル”なサーキットであるセパンでは、マシン本来のパフォーマンスが出やすい。予想以上に好走した開幕戦よりも、今回の結果のほうが、よりホンダの実情をあらわしているのかもしれない。(写真=Honda)
ホンダは、11番グリッドのジェンソン・バトンが10位、14番グリッドのルーベンス・バリケロは13位完走。オーストラリアのアルバート・パークとは違い“ノーマル”なサーキットであるセパンでは、マシン本来のパフォーマンスが出やすい。予想以上に好走した開幕戦よりも、今回の結果のほうが、よりホンダの実情をあらわしているのかもしれない。(写真=Honda)
スーパーアグリ・ホンダは、アンソニー・デイヴィッドソンが佐藤琢磨を抜き15位、佐藤は16位でレースを終えた。テスト皆無で迎えた今シーズン、貴重なデータを手に入れたことは事実。(写真=Honda)
スーパーアグリ・ホンダは、アンソニー・デイヴィッドソンが佐藤琢磨を抜き15位、佐藤は16位でレースを終えた。テスト皆無で迎えた今シーズン、貴重なデータを手に入れたことは事実。(写真=Honda)

■ハミルトン&マクラーレンが首位

2戦を終えたポイントスタンディングは、ハミルトンが14点で首位をキープ。ライコネンとハイドフェルドが11点、コバライネン(10点)、クビサ(8点)と続いている。
コンストラクターズ選手権では、1位マクラーレン(24点)、2位BMW(19点)、3位フェラーリ(11点)というオーダー。わずか2戦のみの結果だが、チーム間のパフォーマンス差がつまっている今年、ひとつのミスやリタイアが大きく結果を左右しそう。マッサが2戦連続リタイアしたフェラーリの戦績が、そのことを物語っている。

次戦は4月6日、バーレーンGP。昨年同地で優勝したマッサには、よりいっそうのプレッシャーがのしかかっているはずだ。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。