第33回:私を「フィアット・スキー場」に連れてって

2008.03.22 エッセイ

第33回:私を「フィアット・スキー場」に連れてって

セストリエレという村

セストリエレは、トリノの西105kmにある標高2035mの村である。というより、フランス国境から19kmしかないところだ。村の紋章はスキーの絵が織り込まれた、なにやらモダンなデザインである。
何を隠そう、ここはもともと“フィアットが開発した村”なのだ。1930年、フィアット創業者のひとりジョヴァンニ・アニェッリ(1世)が、息子のエドアルドとともに、この地のリゾート開発のために資本投下を決定した。
フィアット自動車誕生は1899年だから、創業31年目のことである。今日でいえば2006年に創業30周年を迎えたアップルコンピュータに相当するイメージだ。

以来、関連会社の手によって着々と開発が進められ、次々と施設がオープン。1935年にはエドアルドが不慮の航空機事故で死亡するという悲劇があったが、次第にセストリエレは工業で潤ったトリネーゼ富裕層のおしゃれなリゾートとなっていった。彼らは「冬はスキー、夏はゴルフ」という、当時の最先端スポーツを高原で楽しんだ。

戦後もアニェッリ家や一族がリゾート施設の要職や村長を務めた。やがて奇跡といわれた経済復興が訪れると、セストリエレには一般人も多数訪れるようになり隆盛は続いた。
その頃にはフィアット車の広告にも、豊かなカーライフの象徴として、たびたびセストリエレが登場するようになる。

ちなみにスイス在住の友人によれば、昔ファスナー付きのジャンパーを「セストリエール(セストリエレの仏語読み)」と呼んでいたという。今となっては根拠は不明だが、当時最先端のリゾート名がポジティブに作用したことは間違いない。

セストリエレ。後方の円筒形リゾートホテルは1930年代のモダン建築。
第33回:私を「フィアット・スキー場」に連れてって
フィアット127の広報写真にもセストリエレが登場。
第33回:私を「フィアット・スキー場」に連れてって

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。