「マツダ・デミオ」がワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2008.03.22 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」がワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2008年3月20日、米国で開催中のニューヨークオートショー会場で、「マツダ・デミオ(Mazda2)」が「2008ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」を受賞した。

WCOTYは世界各国の自動車ジャーナリスト47名によって選出されるもので、2004年1月に設立された賞。
今回「Mazda2」は、最終選考に残った「フォード・モンデオ」「メルセデス・ベンツCクラス」に競り勝っての受賞となった。

なお、日本車の受賞は2007年の「レクサスLS460」に続き、2年連続。

特別賞として、「ワールド・デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ワールド・パフォーマンス・カー」が「アウディR8」に、「ワールド・グリーン・カー」が「BMW 118d」に贈られた。

(webCG 本諏訪)

「Mazda2(日本名:マツダ・デミオ)」。写真は日本にはない3ドアモデル。
「Mazda2(日本名:マツダ・デミオ)」。写真は日本にはない3ドアモデル。
「アウディR8」
「アウディR8」
「BMW 118d」
「BMW 118d」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る