【スペック】全長×全幅×全高=4495×1810×1480mm/ホイールベース=2650mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(280ps/6500rpm、43.0kgm/3500rpm)/価格=375万600円(テスト車=449万6100円)

三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT) 2008.03.18 試乗記 ……449万6100円
総合評価……★★★★★
ハイテク装備満載のハイパフォーマンスカー、「三菱ランエボX」。伝統的なMTに追加された、2ペダルMT「TC-SST」仕様車で、その実力を試した。

パドルが光る

「ランエボ」も10代目となり、その都度改良されてきた。当然ながら「最新こそ最良」と言える。強いて言えば、ややボディサイズは大きめながら、ファミリーカーとしても使う家庭には適度な室内寸法か。顔はやや怖い感じがするけれども、「遠くからでも確認できる」という意味では肯定できる。

今回追加されたパドルシフト車は“本来の姿”であり、魅力は倍増。すなわち、「ツインクラッチSST」の変速パドルがステアリングのポストコラムに固定されており、ハンドル操舵中であっても位置を捜す必要はない。同じ場所にあることで得られる操作性のよさは、「ハンドルと一体になって回るタイプ」がいかに不便であるかを雄弁に語る。マグネシウム製のパドルは長さも位置も丁度よく、指が触れる凹面の感触も良好。薄いわりに剛性はあって、しっかりしている。
肩をしっかり固定してくれるシートとあいまって、必要な舵角をワンアクションで与えコーナリング中は左右の手を水平に保つタイプのドライバーには、特に喜ばれる。このクルマに乗れば、肩を浮かして腕を伸ばしたまま曲がるコーナリング姿勢が、いかに不確実なものかわかるはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)【試乗記】 2005.11.21 試乗記 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)
    ……353万8500円

    「ランエボ」といえば過激なスポーツセダンの代名詞だったが、9代目にして初めてワゴンモデルが登場した。5段ATを備える「ランサーエボリューションワゴンGT-A」に試乗した。


  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
ホームへ戻る