【スペック】全長×全幅×全高=4370×1750×1410mm/ホイールベース=2660mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=538万円(テスト車=587万5000円)

BMW135iクーペ M-Sport(FR/6MT)【試乗記】

四角いオオカミ 2008.03.17 試乗記 BMW135iクーペ M-Sport(FR/6MT)
……587万5000円

BMWの末弟「1シリーズ」に、トランク付きの2ドアクーペが追加設定された。306psの心臓で“ハイスペック一本槍”な新型の乗り味とは……?
『webCG』のコンドーと関が、試してみた。

伝統の「 凸 」

コンドー(以下「コ」):おぉー。写真より現物のほうが遥かにカッコええな! BMW1シリーズのクーペ、ひさびさにグッときた。 
関(以下「せ」):っていうか、いまどきこんな“凸型”のクルマって、ほかに無いですよ。いかにも「3BOXカー」って感じ。
コ:ワンボックスとかツーボックスとか、それこそ死語やがな。こどもにクルマの画を描かせたら全部ハッチバックになってまう今では、ホンマに新鮮なシルエットやな。
せ:実際、元になるデザインイメージは古くて、1968年にデビューした「BMW2002」からインスピレーションを得たそうです。
コ:通称「マルニ」。なかでも、ハイパフォーマンスモデルの「2002ターボ」は“羊の皮を被った狼”なんて言われてた。この「イチサンゴ」もターボ付きやし、まさにそのリバイバル版てとこか。
せ:でも、顔は、まんま1シリーズ。どうせなら、2002みたいな二つ目にすればよかったのに。

コ:ほな、それはカスタマイズの楽しみにでもしとき! にしても、小っさいなぁ。
せ:全長×全幅×全高は、4370×1750×1410mm。往年の「2002」(4230×1590×1410mm)に較べたら、ずいぶんデッカいですけどね。
コ:現行「3シリーズ」より20cm以上短いし、全然似てへん。兄貴分の335iクーペは同じエンジンやけど、どっちにするか、あんまり迷わへんやろな。
せ:デザイン的には、むしろ5シリーズと似てるかも。好き嫌いが分かれるって点でも。

コ:個性的で、シュッとしてるやん。よく見るとキャビンはずいぶん後ろ寄りになってんなぁ。
せ:このクルマでも、ビーエムは前後重量配分=50:50にこだわってるんですよ。鼻先には、大きな直6ターボエンジンが納まってますし。日本市場はモノグレードだけど、海外でも、ほかにNAの直6とディーゼルしかありません。

コ:四隅の踏ん張り感が頼もしい。白の凝縮感が美しい。事情が許せばすぐ欲しい!
せ:……でも、538万円ですからね。それだけあれば、ほかに選択肢あるでしょう? 2ドアクーペなんだし、もっと流麗なカッコいいやつが。
コ:新型の「アウディA5」て言いたいんやろ? でも、ムコウは690万円からやし、ATだけしかあらへんし……
せ:MTで乗れるスタイリッシュな2ドアクーペなら、日本にもあるじゃないですかっ!
コ:え?


BMW135iクーペ M-Sport(FR/6MT)【試乗記】の画像
「BMW2002ターボ」(1973年)。2リッター直4ターボエンジンは170ps、24.5kgmを発生。最高速は211km/hで、0-100km/h加速は7.0秒だった。(写真=BMW)
「BMW2002ターボ」(1973年)。2リッター直4ターボエンジンは170ps、24.5kgmを発生。最高速は211km/hで、0-100km/h加速は7.0秒だった。(写真=BMW)
ボンネットに収まるのは、1クラス上の335iと同じ心臓だ。
ボンネットに収まるのは、1クラス上の335iと同じ心臓だ。
【試乗車のオプション装備】
アクティブステアリング=19万3000円/インテリアトリム(ウォールナットライトウッドトリム)=1万6000円/電動ガラスサンルーフ=14万円/ヘッドライトウォッシャー=3万8000円/パークディスタンスコントロール(フロント&リア)=10万8000円
【試乗車のオプション装備】
アクティブステアリング=19万3000円/インテリアトリム(ウォールナットライトウッドトリム)=1万6000円/電動ガラスサンルーフ=14万円/ヘッドライトウォッシャー=3万8000円/パークディスタンスコントロール(フロント&リア)=10万8000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る