開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

2008.03.16 自動車ニュース
昨年、1点差でタイトルを逃し涙をのんだルイス・ハミルトンが開幕戦で優勝。ポディウムで会心のガッツポーズを見せた。(写真=Mercedes Benz)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

【F1 08】開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝

F1世界選手権の2008年開幕戦オーストラリアGP決勝が、3月16日、オーストラリアのアルバートパーク・サーキット(5.303km)を58周して行われた。

コースオフやクラッシュが相次ぎ、セーフティカーランが3回入る混乱のレースで、マクラーレン・メルセデスでGPキャリア2年目を迎えたルイス・ハミルトンが、ポールポジションから独走し優勝。自身通算5勝目を飾った。

3位ニコ・ロズベルグは、36戦目にして初表彰台。カート時代からの親友、ハミルトンと抱き合って喜びをあらわした。(写真=Williams)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】
スタートシーン。ポールシッターのハミルトン(左手前)を先頭に1コーナーへ。(写真=Ferrari)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

2位はBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3位にはウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグが入り初めてのポディウムにわいた。

11番グリッドから虎視眈々と周回を重ね、終盤ヘイキ・コバライネンと丁々発止とやりあった元チャンピオン、ルノーのフェルナンド・アロンソが4位でゴールした。
コバライネンのマクラーレンは、最終局面でアロンソをオーバーテイクするも、誤ってピットレーン用スピードリミッターを押してしまい失速、結局5位に。しかしセーフティカーの介入さえなければ、ハミルトンとの1-2フィニッシュも夢ではなかった。

6位に中嶋一貴が入り、GP2戦目にして初ポイント獲得。ウィリアムズは中嶋・ロズベルグのダブル入賞でコンストラクターズランキング2位と好発進を切ることができた。

7位に4度チャンプカーを制したセバスチャン・ブルデーのSTRフェラーリ。8位にキミ・ライコネンのフェラーリが入った。

冬の間好調を維持してきたチャンピオンチームは大苦戦。フェラーリはライコネンが完走扱いとなったがゴールラインを切ることなくエンジントラブルでストップ。フェリッペ・マッサも同様の問題で戦列を去った。

ニック・ハイドフェルドは2位でゴール。冬のテストではセンシティブなマシンキャラクターが指摘されていたが、開幕戦ではまずまずのペースで走行。(写真=BMW)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】
ルノーは、フェルナンド・アロンソが大健闘し4位。予選ではQ3に進めなかった元チャンピオンは、終盤、コバライネンとつばぜり合いを繰り広げコースをわかせた。ネルソン・ピケJrは20番グリッドからアクシデントに見舞われレースを終えることはできず。(写真=Renault)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

日本勢は、トヨタのティモ・グロックがクラッシュ、ヤルノ・トゥルーリはマシントラブルでリタイア。ホンダはジェンソン・バトンがスタートの混乱に巻き込まれリタイアしたものの、ルーベンス・バリケロは好走し6位でゴール。しかしセーフティカー中の給油、その後のピット出口赤信号無視により、レース後失格が言いわたされた。

資金難による開発・テスト不足というハンディを押しのけ、スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨はしぶとく中盤位置をキープしたが、マシンがストップしDNF。アンソニー・デイヴィッドソンはスタートの混乱に巻き込まれ早々にコックピットを降りた。

昨年の絶不調から這い上がりたいホンダ勢。ジェンソン・バトンこそスタート直後の混乱でレースをまっとうできなかったが、ルーベンス・バリケロは“意外な”好走でポイント圏内に駒を進めた。セーフティカーランに翻弄され失格となったが、手ごたえある開幕戦を終えた。(写真=Honda)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】
トヨタは2台ともリタイア。1ストップ作戦にかけたティモ・グロックは44周目に派手なクラッシュを演じ、ヤルノ・トゥルーリは6番グリッドからスタートしたものの、バッテリーのトラブルによりコックピットを降りなければならなかった。(写真=Toyota)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

■最大のライバルが空振り、ハミルトンに敵なし

2008年シーズン開幕戦は、22台出走中完走8台(ゴールラインを通過したのは6台。失格したバリケロ省く)というサバイバル・レースの様相を呈した。そして冬の間、高いパフォーマンスと信頼性で他を圧倒したかに見えたフェラーリの脆さも露呈された。

土曜予選の最初のセッションQ1、ライコネンのフェラーリはアタック後に失速し、ピットレーン半ばでストップ。その後走行を続けることはできず、16番グリッド(グロックのペナルティ降格により1グリッド繰上げ)と後方からのスタートを余儀なくされた。フェラーリのもういっぽう、マッサは予選4位。最大のライバルが空振りに終わったことで、ハミルトンはやすやすとポールポジションを獲得した。

レースでも、ハミルトンに敵なし。スタートでトップをキープすると、後続の混乱をよそに3度のセーフティカーランも問題なくこなし優勝。幸先良いシーズンのスタートを切った。

その後方では、接触やコースオフが相次ぎ、スタートではホンダのバトンを含む5台が姿を消した。マッサもスピンしフロントノーズを交換するためピットイン。大幅に出遅れた。ライコネンは15番グリッドから7台を抜き一気に8位へとジャンプアップ。しかしフェラーリは2台ともにミスやトラブルを起こし、上位争いに絡むことができず、ゴールせずに終わった。

ハミルトンの後ろで善戦したのはBMW、そしてウィリアムズだった。BMWは、予選で燃料少なめのクビサを切りこみ隊長としてフロントローからスタートさせ、ハイドフェルドには常に上位をキープさせた。速さはマクラーレンにかなわなかったが、ハイドフェルドは最高位タイの2位でゴールできた。

テストできずに開幕戦。スーパーアグリは厳しいスタートを迎えたが、佐藤琢磨はグリッド後方から混乱を抜け11位にジャンプアップ。中段をキープしながら走行したが、32周でマシンは息を止めた。(写真=Honda)
開幕戦オーストラリアGP、ハミルトン混乱のレースで優勝【F1 08】

ウィリアムズは、中堅チームのトップランカーへと着実にステップアップしてきた。ロズベルグの3位表彰台は、セーフティカーランで順位を落とさざるを得なかったコバライネンが2位をキープできていればならなかったものだが、レース終盤の速さには目を見張るものがあった。そして中嶋とのダブル入賞もチームにとっては追い風となった。激しい中堅チーム間の争いをウィリアムズが制するには、2台がポイントを稼ぐことが何よりも重要なのだ。

好調スタートのマクラーレン/ハミルトンも、面目丸つぶれのフェラーリも、このひとつの結果で今後の流れを予想することは難しい。2008年は始まったばかり。次には高温多湿のマレーシアでのレースが待ち構えている。決勝は3月23日だ。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。