第32回:反則金はドライバー1人あたり年間7500円! 
イタリアの道路は「風雲! たけし城」

2008.03.15 エッセイ

第32回:反則金はドライバー1人あたり年間7500円! イタリアの道路は「風雲! たけし城」

国全体で379億円!

イタリア人ドライバーの交通反則金は、1人あたり年47.3ユーロ(約7500円)−こんな驚愕のデータが先日発表された。経済紙イルソーレ24オーレが、2008年2月25日に発表したものである。

それによると、イタリアで交通違反取り締まりにあたり全警察(市・国家・軍・財務の各警察)が2006年に徴収した反則金は、2億3700万ユーロ(約379億2000円)にのぼるという。冒頭の数字は、それをイタリア全国のドライバー数で割ったものだ。
さらに、都市部の交通を担当する市警察の反則金収入は、対2005年比でプラス16%、過去5年では76.3%ものプラスという。

イタリアは日本と比べ、相対的に反則金額が高額である。シートベルト着用義務違反で70〜280ユーロ(約1万1000〜4万4000円)、運転中の携帯電話は148ユーロ(約2万3000円)、40km/hオーバーで1450ユーロ(23万2000円)、60km/hオーバーでは2000ユーロ(32万円)の反則金が科せられる。
それにしても、前述の数字には驚く。

市民1人あたり反則金額が一番多かったのはフィレンツェである。その額117.1ユーロというから、約1万8000円である。以下ローマ、ミラノ、ナポリと続く。
フィレンツェの場合、市内に自動速度取締機を増設したことが、反則金収入増加の理由と説明している。調査期間に含まれていない昨年2007年も、フィレンツェではシートベルトやチャイルドシート未着用の摘発で、反則金収入は増加する見込みという。

たしかにイタリアの路上を見ていると、いまだドライバーの安全性に対する認識が浅いのに気づく。こちらの幼稚園や小学校は送り迎えが原則だが、チャイルドシートなしで乗せる親が多い。

またある取材先で「雑誌ですからベルトしてください」と頼んだら、「俺はイタリア人だぜ。そんなものはしねえよ」と言って笑われた。年齢では、若者よりもベルトが法制化されていなかった時代に免許を取ったお年寄りに、未装着者が多い。
また、自他ともに認めるお喋り好き国民ゆえか、携帯片手の運転も頻繁に見かける。取り締まりだけが交通安全の手段であるとは決して言わない。だが、こうした現状を毎日目にしていると、ある程度の取り締まり強化はやむを得ないとボクは考えている。

「アルファ156」パトカーと、移動式速度取締機。
「アルファ156」パトカーと、移動式速度取締機。
ワイパーにはさまれた駐車違反の反則通知。
ワイパーにはさまれた駐車違反の反則通知。
赤丸は「丸の内線」ではない。車両通行禁止。
赤丸は「丸の内線」ではない。車両通行禁止。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。