第353回:青臭いニッポンのレーシングオヤジに乾杯!
 誕生、童夢S102&日本自動車レース工業会

2008.03.15 エッセイ

第353回:青臭いニッポンのレーシングオヤジに乾杯! 誕生、童夢S102&日本自動車レース工業会

レースはマシンを見に来るモンだ!

いやー、久々にニッポンの青臭いレーシングオヤジの底力を見た! と言いたくなってしまいました。そう、先日東京で行われた童夢S102&日本自動車レース工業会の発足発表会でだ。

正直レースにはそれほど詳しくない俺だが、カンタンに言ってしまえば童夢S102ってのは、日本を代表するレーシングコンストラクターの童夢が、今年のルマン24時間に挑むための久々の新作プロトタイプレーシングカーである。

このマシンのキモはディーゼル対策。
今やアウディとプジョーというヨーロッパの2大ワークスが、本気のディーゼルエンジンレーシングカーで鎬を削る舞台に、童夢は今までどおりの630psのジャッド製5.5リッターガソリンV10のミドシップカーで挑むことを決めた。童夢カーボンマジックの奥明栄社長によれば、「レギュレーション的にはディーゼルのほうが170馬力ぐらい有利だけど、エンジンが重い分、バランス的に不利。ウチは逆にシャシーバランスのよさで勝負します」とのことで、どうやら予選トップタイム奪取を狙ってるらしい。

まあ、車重900kg台で、170馬力差ったらトンでもなく不利な気もするが、それを承知で勝負を挑むドン・キホーテぶり(!?)には全開で拍手を送りたい。

さらにシビれたのが、当の童夢代表であり新団体、日本自動車レース工業会会長の林みのるさんのお言葉だ。
要約すると「レースはドライバーのテクニックを競うものとされているが、本当は自動車開発技術の戦いであり、ファンはその技術の結晶であるレーシングマシンにより多くの魅力を感じるもの」という内容で、日本におけるレースの解釈の間違いを指摘したのだ。
これを受けてレース工業会では、「レースは自動車開発技術の戦いであることを理念とし、日本に技術の戦いを取り戻し、最終的には現在年間約1200億円ともいわれているレース購買を国内に取り戻し、輸出を拡大すること」を目標とするという。

童夢カーボンマジックの奥明栄社長と握手!
童夢カーボンマジックの奥明栄社長と握手!
「童夢S102」。最近のルマン用にキャビンの幅は狭い。
「童夢S102」。最近のルマン用にキャビンの幅は狭い。
最重要人物の林みのるさん。還暦を超えてなおアクセル全開!
最重要人物の林みのるさん。還暦を超えてなおアクセル全開!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』