イタルデザイン−ジウジアーロ40周年で、「お宝モデル」展示【ジュネーブショー08】

2008.03.12 自動車ニュース
「イタルデザイン・ジウジアーロ・クアランタ」
(写真=ITALDESIGN-GIUGIARO)
【ジュネーブショー08】イタルデザイン−ジウジアーロ40周年、「お宝モデル」展示

【ジュネーブショー08】イタルデザイン−ジウジアーロ40周年、「お宝モデル」展示

イタルデザイン・ジウジアーロは、2008年ジュネーブショーで、トヨタ製ハイブリッドを搭載するコンセプトカー「クアランタ(Quaranta)」を公開した。

3人乗りのコクピット
イタルデザイン−ジウジアーロ40周年で、「お宝モデル」展示【ジュネーブショー08】

■ハイブリッドのコンセプトカー第2弾

「Quaranta」とは、イタリア語で40の意味。今年2月13日、同社が創業40周年を迎えたことにちなんだネーミングだ。
メインコンセプトは「環境に配慮したスーパースポーツ」。トヨタ製ハイブリッドの使用は、2004年のコンセプトカー「ヴォルタ」に続く第2弾である。

「トヨタ・ハリアー」のV6 3.3リッターとE-CVTトランスミッションをミド配置し、フロントに備えたソーラーパネルを用いて、バッテリーチャージを行なう。
ミドシップとは思えない荷室容量も自慢で、ゴルフバック2つを収納可能という。

1968年「ビッザリーニ・マンタ」
1968年「ビッザリーニ・マンタ」
1980年「メドゥーサ」
1980年「メドゥーサ」
1993年「ブガッティEB112」
1993年「ブガッティEB112」

■3台の歴代モデル

加えてイタルデザインは、40周年記念として、3台の歴代作品も展示した。
まずはイタル初のコンセプトカーである1968年「ビッザリーニ・マンタ」だ。ミドシップ&横3人がけシートをもつ。前述のクアランタも、このモデルにインスピレーションを得たものである。

イタルデザインの広報担当者に聞いたところ、この世にマンタは2台が存在する。1台は銀色のモックアップで、もう1台は実走型だ。今回展示されたのは後者で、現在アメリカの一愛好家のもとにあるという。

2台めは1980年「メドゥーサ」で、ランチア・モンテカルロのメカニカル・コンポーネンツを用いたミドシップ・サルーンである。
そして3台めは「ブガッティEB112」で、これは20年から30年代の古き良きブガッティを想起してデザインされた1993年作品だ。

クアランタを含め4台が並んだイタル・スタンドはさながらミニミュージアムの様相を呈し、今年70歳を迎えるジョルジェット・ジウジアーロはデザイン専攻学生たちからサインを求められていた。

またプレスデイ2日めには、ジュネーブ在住で、長年ジウジアーロと交友関係がある元F1パイロット、ジャン・アレジも子息たちと訪れていた。

いっぽうジウジアーロが40年を祝う傍らで、独立前の彼がチーフデザイナーを務め、現在経営再建中のベルトーネがジュネーブ本会場から消えたのは、なんとも残念な巡り合わせだったというしかない。

(文と写真=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA)

ジョルジェット・ジウジアーロ(右)は、いまだ若者にも人気衰えず。
ジョルジェット・ジウジアーロ(右)は、いまだ若者にも人気衰えず。
長男でデザイン・ディレクターのファブリツィオ(43歳)。
長男でデザイン・ディレクターのファブリツィオ(43歳)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。