【スペック】A5 クリーンディーゼル:全長×全幅×全高=4635×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・クリーンディーゼル(240ps 56.1kgm)(北米仕様)

アウディ 3.0 TDI/クリーンディーゼル【海外試乗記】

クワトロだけじゃないアウディ 2008.03.12 試乗記 アウディ 3.0 TDI/クリーンディーゼル
アウディといえば“クワトロ”だが、ヨーロッパでは直噴ターボディーゼルの“TDI”もまたアウディの人気を支えている。その魅力を確かめるため、カナダで開催された「Audi TDI Winter Test Drive」に参加した。
【スペック】A5 3.0 TDIクワトロ(写真左):全長×全幅×全高=4635×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)
アウディ TDI/クリーンディーゼル【海外試乗記】

アメリカ、カナダに相乗り

「アウディの最新ディーゼルをカナダで試してみませんか?」

アウディジャパンからのそんな誘いに、二つ返事で参加を決めたはいいが、なぜカナダでディーゼルの国際試乗会なのか、しばらく理解できなかった。その疑問が解けたのはトロントに入ってからのこと。今回参加するのは、アメリカ、カナダ、日本の3カ国だけ。つまり、ディーゼル乗用車で遅れを取っている国々なのだ。北米市場で販売台数を伸ばそうとするアウディとしては、燃料の高騰やCO2削減の動きにともない、高まりつつあるディーゼルへの関心を追い風に、自社が誇るTDIをアピールしたいというわけで、今回の試乗会を開催。そこに、ディーゼルの火が再び燃え始めた日本が相乗りしたのである。

もちろん、関心が高まっただけでは販売に踏み切れない。アメリカや日本にはヨーロッパに比べてより厳しい排ガス規制があるからだ。しかし、アウディは、最新のエンジン制御技術と排ガス浄化技術により、目前に迫る排ガス規制にパスする3リッターV6TDIのクリーンディーゼルを開発。アメリカには2008年冬にも、このエンジンを搭載するモデルの投入が決定している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る