マセラティ・グラントゥーリズモに高性能版「S」登場【ジュネーブショー08】

2008.03.11 自動車ニュース

【ジュネーブショー08】マセラティ・グラントゥーリズモに高性能版「S」登場

マセラティはジュネーブショーで、グラントゥーリズモの高性能版「グラントゥーリズモS」を発表した。

■セミオートマ仕様はトランスアクスル

マセラティ グラントゥーリズモは、クアトロポルテ(4ドアセダン)のプラットフォームをベースに、ホイールベースを短縮し、スポーティな2ドアボディを組み合わせたクーペモデルだ。2007年3月のジュネーブショーでデビューした時点では、オートマチック仕様の設定しかなかったのだが、1年後の同じショーでセミオートマ仕様が登場した。

搭載するエンジンとトランスミッションは、ともに新開発ユニット。エンジンは、従来より排気量が500cc大きく、最高出力は35ps増の440psにアップ。最大トルクも3.1kgm増強され、50kgmとなった。

トランスミッションは、「MCシフト」と呼ばれる新機構が採用された。MCシフトは、シフトチェンジ時間の短縮化を追求した2ペダルのセミオートマ。注目は、搭載位置がフロントではなく、リアアクスル前方に配置したトランスアクスルとした点だ。つまりグラントゥーリズモSはクアトロポルテ同様に、AT仕様はトランスミッションをフロント配置に、セミオートマ(マニュアル)仕様ではリア配置という凝った設計となっているわけだ。

このほかグラントゥーリズモとグラントゥーリズモSの違いとして、「S」ではブレーキが強化され、ブレンボと共同開発した大径ディスクローターにアルミ製6ピストンキャリパーが組み合わされることやホイールが20インチにサイズアップされたことなどが挙げられる。

自動変速モードとマニュアルシフトの両方の楽しみが味わえるマセラティ グラントゥーリズモS。国内発表は2008年5月頃になる見通しだ。なお、価格やデリバリー開始時期は今のところ未定だ。

(webCG 曽宮)


マセラティ・グラントゥーリズモに高性能版「S」登場【ジュネーブショー08】の画像
内装は、上質なレザーとアルカンターラのコンビタイプを採用。ホールド性の高いシート形状で、シートバックにはパイピング加工が施される。
内装は、上質なレザーとアルカンターラのコンビタイプを採用。ホールド性の高いシート形状で、シートバックにはパイピング加工が施される。
マセラティ・グラントゥーリズモに高性能版「S」登場【ジュネーブショー08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】 2013.2.20 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)
    ……2090万3000円

    自然吸気の4.7リッターV8エンジンを搭載する4シーターイタリアンGT、「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の6段ロボタイズドMTモデルに試乗した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る