「アルファGT」に76万円引きの特別仕様車

2008.03.11 自動車ニュース

「アルファGT」に76万円引きの特別仕様車

フィアットオートジャパンは、スポーツクーペ「アルファGT」に特別仕様モデル2車種を設定、2008年3月1日から受注生産の形で販売を開始した。

今回発売されたのは、「アルファGT スポルティーバII」と「同コレッツィオーネII」の2モデル。いずれも、2リッター直4JTSエンジンに、2ペダル式5段MT「セレスピード」を組み合わせた、右ハンドル仕様となる。エンジンや寸法等の主なスペックは、現在販売されている「アルファGT 2.0 JTS セレスピード ディスティンクティブ」とほぼ同様。

スポルティーバIIは、「スポーツマインドあふれる仕上がり」を狙ったモデル。専用デザインの18インチアロイホイールを装備するほか、ヘッドライトがブラック仕上げ、フロントバンパーとドアミラーの一部がアルミマット仕上げとなる。
インテリアは、ブラックを基調とした専用インテリアカラーを採用し、同じくブラックの専用スポーツレザーシートを装備。他にも、アルミ製スポーツペダルや、レッドステッチ入りレザーのステアリングホイールとハンドブレーキレバーグリップを備える。
ボディカラーは、アルファレッドとアトランティックブルーの2色から選べる。

コレッツィオーネIIは、「スポーティーかつエレガントな仕上がり」を謳う。専用の17インチアロイホイールを装着。インテリアカラーは、クリームをベースとしたものになるほか、同色の専用スポーツレザーシートを装備する。ボディーカラーは、ブラウンとカーボンブラックの2色が用意される。

このほか、両モデルそれぞれに専用のGTロゴ入りフロアマットを装備する。

価格は両モデルともに、2.0 JTS セレスピード ディスティンクティブより76万円安い、380万円。

(webCG 依田)

「スポルティーバII(ボディ色:アトランティックブルー)」。
「スポルティーバII(ボディ色:アトランティックブルー)」。
「スポルティーバII」のインパネ。
「スポルティーバII」のインパネ。
「コレッツィオーネII(ボディ色:ブラウン)」。
「コレッツィオーネII(ボディ色:ブラウン)」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【レビュー】 2015.6.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る