【スペック】全長×全幅×全高=4205×1760×1520mm/ホイールベース=2575mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ・ターボ+スーパーチャージャー(140ps/5600rpm、22.4kgm/1500-4000rpm)/価格=289.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)【試乗記】

侮れない実力 2008.03.11 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)
……289.0万円
VWゴルフに1.4リッターTSIエンジン+DSGを搭載した「TSIコンフォートライン」が登場。「GT TSI」より快適性を重視し「GLi」に代わるモデルとなる140psバージョンに試乗した。
装備されるHDDナビゲーションシステムはディーラーオプション。
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)【短評】

TSI効果

日本導入から3年あまりが過ぎ、そろそろモデルチェンジの声が聞かれる「ゴルフ5」だが、その人気は衰えるどころか、一部のグレードでは納車まで時間がかかるなど、いつもと違う状況に見舞われている。その人気を支えているのが、2007年1月に投入された「ゴルフGT TSI」で、2007年におけるゴルフの全販売台数のうち約3割を占め、納車待ちがなければさらに比率が高まったのではないかと考えられる注目のモデルである。

人気が集まる理由はいまさら説明するまでもないが、このモデルに搭載されるTSIエンジンが、わずか1.4リッターの排気量ながら2.4リッタークラスの力強さを誇り、燃費は排気量相応に低く抑えられること。加えて、スポーツサスペンションや17インチタイヤの採用によりスポーティさを前面に押し出したことで、エコロジーとスポーツの両立を図ったのが、ファンの心をくすぐったというわけだ。

その一方で、年配や女性の客からは、もう少し快適性を重視したモデルを望む声が多かったという。そんな声に応えるべく追加されたのが「ゴルフTSIコンフォートライン」である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る