「マツダRX-8」がマイナーチェンジ、よりスポーティなグレードも追加

2008.03.10 自動車ニュース

「マツダRX-8」がマイナーチェンジ、よりスポーティなグレードも追加

マツダは2008年3月10日、4シータースポーツカーの「RX-8」をマイナーチェンジして発売。同時に最もスポーティとなる「タイプRS」グレードをラインナップに追加した。

■レギュラーガソリンにも対応

2003年4月に「RX-8」がデビューして以来、ATの多段化などで細かく手は加えられてきたが、スタイリングにまで手を加えた大幅なマイナーチェンジは初となる。

フロント/リアバンパーやヘッドランプ、フェンダーなど、デザインの要となる部分は多くが変更され、マツダ曰く「さらにダイナミックで上質なイメージを感じさせる」スタイリングにされたという。

エンジンにも手が加えられた。
最高出力は、5MTモデルに搭載される210psのスタンダードエンジンは6ATと同じ215ps/7450rpmに、6MTモデルの250psハイパワーエンジンは235ps/8200rpmにそれぞれ変更。最大トルクはどちらも22.0kgm/5500rpmで変わらず。
いずれも従来同様にプレミアムガソリン指定ではあるが、レギュラーガソリン使用を想定したノッキング対策が新たに施された。なお、レギュラーガソリン使用時のエンジンパフォーマンスは、カタログ値より劣ることになる。

マイナーチェンジで新採用されたのが、電磁式メタリングオイルポンプ「E-MOP」。電磁式とし、ローターハウジング内にポンプを配置したことで、エンジンオイルの供給精度が向上したと謳われる。さらにオイルパンなどの形状、容量を見直すことで、スポーツ走行時の油面変動を抑制することができたという。

トランスミッションは従来どおり、グレードにより6MT、5MT、6ATが用意される。6MTはファイナルギア比を従来より上げ、実用域の加速性能向上をねらうとともに、シンクロナイザーの変更でシフトフィールも改善。6ATでは、Dレンジでもパドルシフト操作に反応する、ダイレクトモードが新採用された。

タイヤサイズは16インチから17インチ(「RX-8」「タイプE」)に変更。ボディのねじれ剛性、曲げ剛性強化や、サスペンションのリセッティングも行われている。

■イメージリーダーの「タイプRS」追加

スポーツ性能をさらに強化したモデル「タイプRS」が同じタイミングで追加された。

ビルシュタイン製のハードサスペンションで足もとが硬められるほか、フロントサスクロスメンバーには発泡ウレタンが充填される。これは操舵フィールと乗り心地の向上に貢献するという。
加えて、専用となるエアロパーツや19インチの鍛造ホイール、本革巻のステアリングホイールにレカロ製のフロントバケットシートなど、スポーティなアイテムが採り入れられた。

ボディカラーは新色「ダイアモンドグレーメタリック」を加えた全8色。グレード別の価格は以下のとおり。

RX-8(6AT、5MT):260.0万円
タイプE(6AT):300.0万円
タイプS(6MT):294.0万円
タイプRS(6MT):315.0万円

なお5MTモデルのみ、2008年6月からの販売となる。

(webCG 本諏訪)

新色「ダイアモンドグレーメタリック」の「RX-8 タイプS」
新色「ダイアモンドグレーメタリック」の「RX-8 タイプS」
タコメーターに表示されるレッドゾーンは、エンジン水温に応じて3段階に切り替えられる。これは始動直後など、エンジン水温が低い場合のオーバーレブを防ぐため。
タコメーターに表示されるレッドゾーンは、エンジン水温に応じて3段階に切り替えられる。これは始動直後など、エンジン水温が低い場合のオーバーレブを防ぐため。

「マツダRX-8」がマイナーチェンジ、よりスポーティなグレードも追加の画像
「RX-8 タイプRS」
「RX-8 タイプRS」
「タイプRS」の内装
「タイプRS」の内装

関連キーワード:
RX-8マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第98回:カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去 2018.7.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第98回は「カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去」。フェラーリを愛する筆者が自ら“黒歴史”と言い放った過去の愛車とは? 日産ヘリテージコレクションで出会った、青春時代の愛車を振り返る。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第99回:同業者最速(!?)ジムニー試乗 2018.7.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第99回は「同業者最速(!?)ジムニー試乗」。“チビGクラス”と注目の新型「ジムニー」に、ディーラーでいち早く試乗! カッコは? 乗り心地は? 乗り出し価格は? 気になる4AT仕様をチョイ乗りリポートする。 
  • “英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場 2018.6.28 自動車ニュース 「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「VICTORIA(ヴィクトリア)」が登場。ベースとなったのはエントリーグレードの「ONE(ワン)」で、ボディーの各所にタータンチェックやユニオンジャックのデザインが用いられている。
ホームへ戻る