第352回:密かな大発見! ベンツE&BMW 5より全然イイかも?
 VWパサートTSIコンフォートライン

2008.03.10 エッセイ

第352回:密かな大発見! ベンツE&BMW 5より全然イイかも? VWパサートTSIコンフォートライン

予想外のめっけもん!

さてと最近結構いっぱい出ている新車たち。それぞれ後でできるかぎりレポートするとして、実は一番感動したのはこれかもね。
そのクルマは「VWパサート・コンフォートライン」。新たに1.8リッターのTSIエンジンが開発され、追加車種ってことでジミ目に今年2008年の頭に日本へ導入されたんだけど、密かにこれがメチャクチャいいのだ!

なにがいいって、まずは肝心の1.8リッター直4 TSIエンジンよ。たしかに排気量わずか1.8リッターとインパクト弱いし、最高出力も160psと対したコトない。
でもね、乗ってビックリ。あーた、コイツのフィーリングは3リッターV6に匹敵しますよ。それくらい上質感とトルク感がある。

上質感はあまり数値化できないんだけど、トルクはスペックによく表れてる。最大トルクは25.5kgmで、しかも1500から4200rpmの低回転域で発揮するという秀逸なパフォーマンス!
以前搭載されていた2リッター直4エンジンの最大トルクが20.4kgm/3500rpmなわけだから、そのフィーリングの違いは推して知るべし。さらにライバルともいえるベンツE250は、2.5リッターのNAで最大トルク25kgm/5500rpm。となれば、その発生回転の違いから考え、まさに1.8リッターTSIのフィーリングは、3リッターV6並といえるでしょう!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』