【スペック】S40 2.4i R-DESIGN(写真奥):全長×全幅×全高=4475×1785×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=401.0万円(テスト車=同じ)

ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】

限定なんて、もったいない! 2008.03.08 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
……420.0万円/401.0万円/488.0万円

「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。

好感度、ぐ〜んとアップ

コンドー(以下「コ」):なにやら黒塗りの「ボルボ」がズラっと! おなじみのワゴン「V50」に、セダンの「S40」。クーペの「C30」も並んでる。壮観や。
関(以下「せ」):おなじみ、エントリーグレードの3兄弟です。でも、いつもと何かが違うでしょ?
コ:男前に見える! 垢抜けてるっ!……ちょっと「アバンギャルドな感じ」ぃ?
せ:そりゃ、メルセデスじゃないですか。これは、「R-DESIGN」(アール・デザイン)というボルボの特別仕様車なんですよ。しかも、2008年2月から3月まで、わずか2か月の発注期間限定モデル。

コ:日本人はゲンテイに弱いからなぁ……いずれにせよ、ドイツ車の「Sライン」や「Mスポーツ」なんかのボルボ版やろ?
せ:まぁ。内外装に専用ドレスアップを施し、特別感を演出しています。
コ:「R」ていうのは、堅実なボルボのイメージに合わんような気がするけど?
せ:レーシングではなく、リファインメント(洗練)の意味なんだそうです。古くは1994年の「850T-5R」、最近では「S60R/V70R」など、歴代の上級グレードに設定されました。

コ:そのエッセンスを、今回はエントリーグレードに注いだわけや。はは〜ん、ミドルクラスワゴンの「V70」がやたら立派になったから、コンパクトカー人気の続く日本は小さめのラインナップで勝負いう魂胆やろ?
せ:いえいえ。この特別仕様車は、元からスウェーデン本国にもあるんです。

コ:エクステリア、どんなところが特別なん?
せ:車体を取り囲むスカート状のエアロパーツと、リアスポイラー。さらに、専用デザインの17インチアルミホイールが備わります。あとはエンブレムとか、こまごま。

コ:エアロいうても、やりすぎ感ものうて好印象やね。
せ:ボンネットが短い小さめの顔が、嫌味のないメイクでますます凛々しくなった感じです。
コ:三菱の「ギャランフォルティス」に似てる。ような……気もする。まぁ、ボルボのほうが女性的やね。このマスカラは塗り過ぎやろ。
せ:……さっき、オトコマエって……。

「ボルボC30 T-5 R-DESIGN」
「ボルボC30 T-5 R-DESIGN」
フロントグリル右下に備わる、専用エンブレム。
フロントグリル右下に備わる、専用エンブレム。
メーターは、過去の「R」シリーズに合わせ、青い文字盤が与えられる。
メーターは、過去の「R」シリーズに合わせ、青い文字盤が与えられる。
【スペック】C30 T-5 R-DESIGN:全長×全幅×全高=4250×1795×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5 リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き (230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ)
【スペック】C30 T-5 R-DESIGN:全長×全幅×全高=4250×1795×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5 リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き (230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る