クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】S40 2.4i R-DESIGN(写真奥):全長×全幅×全高=4475×1785×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=401.0万円(テスト車=同じ)

ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】

限定なんて、もったいない! 2008.03.08 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
……420.0万円/401.0万円/488.0万円

「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。

好感度、ぐ〜んとアップ

コンドー(以下「コ」):なにやら黒塗りの「ボルボ」がズラっと! おなじみのワゴン「V50」に、セダンの「S40」。クーペの「C30」も並んでる。壮観や。
関(以下「せ」):おなじみ、エントリーグレードの3兄弟です。でも、いつもと何かが違うでしょ?
コ:男前に見える! 垢抜けてるっ!……ちょっと「アバンギャルドな感じ」ぃ?
せ:そりゃ、メルセデスじゃないですか。これは、「R-DESIGN」(アール・デザイン)というボルボの特別仕様車なんですよ。しかも、2008年2月から3月まで、わずか2か月の発注期間限定モデル。

コ:日本人はゲンテイに弱いからなぁ……いずれにせよ、ドイツ車の「Sライン」や「Mスポーツ」なんかのボルボ版やろ?
せ:まぁ。内外装に専用ドレスアップを施し、特別感を演出しています。
コ:「R」ていうのは、堅実なボルボのイメージに合わんような気がするけど?
せ:レーシングではなく、リファインメント(洗練)の意味なんだそうです。古くは1994年の「850T-5R」、最近では「S60R/V70R」など、歴代の上級グレードに設定されました。

コ:そのエッセンスを、今回はエントリーグレードに注いだわけや。はは〜ん、ミドルクラスワゴンの「V70」がやたら立派になったから、コンパクトカー人気の続く日本は小さめのラインナップで勝負いう魂胆やろ?
せ:いえいえ。この特別仕様車は、元からスウェーデン本国にもあるんです。

コ:エクステリア、どんなところが特別なん?
せ:車体を取り囲むスカート状のエアロパーツと、リアスポイラー。さらに、専用デザインの17インチアルミホイールが備わります。あとはエンブレムとか、こまごま。

コ:エアロいうても、やりすぎ感ものうて好印象やね。
せ:ボンネットが短い小さめの顔が、嫌味のないメイクでますます凛々しくなった感じです。
コ:三菱の「ギャランフォルティス」に似てる。ような……気もする。まぁ、ボルボのほうが女性的やね。このマスカラは塗り過ぎやろ。
せ:……さっき、オトコマエって……。

「ボルボC30 T-5 R-DESIGN」
「ボルボC30 T-5 R-DESIGN」 拡大
フロントグリル右下に備わる、専用エンブレム。
フロントグリル右下に備わる、専用エンブレム。 拡大
メーターは、過去の「R」シリーズに合わせ、青い文字盤が与えられる。
メーターは、過去の「R」シリーズに合わせ、青い文字盤が与えられる。 拡大
【スペック】C30 T-5 R-DESIGN:全長×全幅×全高=4250×1795×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5 リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き (230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ)
【スペック】C30 T-5 R-DESIGN:全長×全幅×全高=4250×1795×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5 リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き (230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ) 拡大
リアビューにそれぞれの個性が出る、ボルボ三兄弟。(写真奥から「S40」「V50」「C30」)
リアビューにそれぞれの個性が出る、ボルボ三兄弟。(写真奥から「S40」「V50」「C30」) 拡大
ボディカラーは3車とも、一番人気の黒をはじめ、青、銀、赤、白の5色から選べる。
ボディカラーは3車とも、一番人気の黒をはじめ、青、銀、赤、白の5色から選べる。 拡大
白黒のコントラストが印象的な専用シート。背もたれにR-DESIGNロゴが型押しされる。
白黒のコントラストが印象的な専用シート。背もたれにR-DESIGNロゴが型押しされる。 拡大

パンダ柄にはワケがある

せ:デザインの味付けは、セダン、ワゴン、クーペのどれも共通です。
コ:つまり、3車の大きな違いは「お尻」だけかぁ。R-DESIGNのなかやと、どれが一番人気あるんやろな?

せ:ワゴン「V50」が一番で、受注全体の半分を占める予想です。
コ:このカスタマイズが一番似合うのは、もともと外装が特徴的なクーペやと思うけど。シュッとしてみえるなぁ。欲しい。
せ:その「C30」が4割で、セダンの「S40」はわずか1割……ノーマルとの違いが一番際立つし、ボクは魅力的に仕上がってると思いますけど。
コ:やっぱ、「輸入車」「ボルボ」「スウェーデン」ゆうイメージで、キャラクターとかユーティリティが重視されるんかな? インテリアは何か特徴あるん? あっ……!

せ:……と驚く、白黒のツートーン。ボルボにしては適度なシャレっ気でイイでしょう?
コ:光沢がないから、うるさない。100点満点や。
せ:中もあくまで「リファインメント」。スポーツシートや赤ステッチなどは使いません。

コ:ゼブラとかキャメルとかのインテリアもあったけど、これはパンダや。
せ:クロとシロにはそれぞれ意味があるんです。肩や膝の黒い部分は、滑り止め。ウェットスーツの裏地にヒントを得たという「V-flex」材で、強力に体をホールドします。
コ:紙やすりみたいにピターッとくるね! シロい部分は普通のレザー?
せ:背もたれや座面には、対照的に柔らかめの本革を採用したそうです。

コ:掛け心地、文句なし。さすがボルボ。ランバーサポートやシートヒーターも標準か。座ったとたんウットリ。
せ:サイズもぴったり。むしろ、大柄な本国のヒトが窮屈じゃないのか心配になるくらいです。

いまやボルボの特徴となった“浮いてるセンターコンソール”(「フリーフローティングセンタースタック」)も専用デザイン。
いまやボルボの特徴となった“浮いてるセンターコンソール”(「フリーフローティングセンタースタック」)も専用デザイン。 拡大
日本仕様は「キーレス」が標準。メインキー(右)を携帯してさえいれば、備え付けのノブ(左)で始動できる。つまり、割り箸でも代用可能。
日本仕様は「キーレス」が標準。メインキー(右)を携帯してさえいれば、備え付けのノブ(左)で始動できる。つまり、割り箸でも代用可能。 拡大

コ:あっ、靴ベラみたいな例のセンターコンソールには、“渦巻き模様”が入ってんで。
せ:これも、アルミ製で「R-DESIGN」オリジナル。よく見ると、チューナーのダイヤルが渦の中心なんですよ。拡がる電波がモチーフだそうで。
コ:青いメーターパネルもオリジナルや。「S60R/V70R」の青メーターふうやけど、メタル調だったあちらに較べると、ただのペイントやから物足りへんな。
せ:むしろ、白黒のインテリアに合わせた色でよかった気がします。アストン・マーティンみたいな、ステンレスっぽいグレーの盤面が理想的。

コ:キーのかたちは超高級車のアストンとソックリやのにな。アストンがボルボに似てるんやったっけ?
せ:ちなみに、キーレスエントリーシステムは、日本市場専用だそうです。
コ:じゃ、そろそろ行こか! デザインコンシャスなお気に入りの「C30」で。

インパネデザインは3車ともソックリ(写真はS40)。わずかに傾斜が異なる「C30」だけ、ダッシュボード上に純正ナビが付けられない。
インパネデザインは3車ともソックリ(写真はS40)。わずかに傾斜が異なる「C30」だけ、ダッシュボード上に純正ナビが付けられない。 拡大
全車、サス取り付け部にはストラットタワーバー。写真は、2.5リッターターボユニット。
全車、サス取り付け部にはストラットタワーバー。写真は、2.5リッターターボユニット。 拡大
「C30」のみ、専用の「スポーツテールパイプ」が備わる。
「C30」のみ、専用の「スポーツテールパイプ」が備わる。 拡大

美脚は健脚

コ:太いグリップのレザーステアリングが、いい感じ。手先や目先が専用デザインなだけで、ずいぶん気分が変わるもんや。
せ:これも専用パーツ。頂点部分だけアルミのコンビになってるんです。持ち替えたときにヒヤリと冷たいのが、ちょっと……
コ:それもまた、気分が変わってええねんて。テレスコの調節幅はめっちゃ大きいから、ステアリング近づけて、スーッと一回で切りいや。

せ:8ウェイシートといい、ポジションの自由度はとても大きいですね。低めに座っちゃうと、フロントガラス下端の歪みが目につきますが。こういうの、輸入車に多いような……
コ:低めに座っちゃわんと、高めに座れば済むことや。
せ:(ブツブツ……)

コ:エンジンは、2.4リッターNAと2.5リッターターボの2タイプ。ベースモデルと同じスペックやね。
せ:エンジンルームは、違います。ストラットタワーバーのオマケ付き。

コ:……ふーん! 乗った感じはノーマルより断然快適やで、コレ!
せ:「R-DESIGN」のもうひとつのキモが、足まわりのリファインなんです。「強化スプリング」「強化ショックアブソーバー」「スポーツスプリングキット」……ダメ押しは「強化アンチロールバー」。ボルボはロールしやすいという、ユーザー評価を意識してのことだそうです。

コ:強化しまくりやん。そのわりには、ウソのようにしなやかな足や。よく動いてる。コーナリングも、ええ感じ。
せ:初期の突き上げ感がノーマルよりも弱められていますね。リファインされたのはホイールデザインだけじゃない、と。

Cピラーまわりスッキリの「C30」は、どの席からも視界良好。サンシェードが欲しくなるほどだ。
Cピラーまわりスッキリの「C30」は、どの席からも視界良好。サンシェードが欲しくなるほどだ。 拡大
【スペック】V50 T-5 R-DESIGN(写真手前。写真奥はノーマルのV50 T-5):全長×全幅×全高=4520×1785×1480mm/ホイールベース=2640mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=488.0万円(テスト車=同じ)
【スペック】V50 T-5 R-DESIGN(写真手前。写真奥はノーマルのV50 T-5):全長×全幅×全高=4520×1785×1480mm/ホイールベース=2640mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=488.0万円(テスト車=同じ) 拡大

コ:後ろに座っても快適な印象は変わらへん、と。もともと「C30」は、スマートなルックスの割に、リアの居住性が素晴らしい。C30買うなら迷わずR-DESIGNやね。ノーマルより断然オススメ!
せ:Bピラー、太過ぎませんか? 後席へのアクセスが大変なんですけど。
コ:ボルボ最大の美点が安全性ってこと、忘れたらアカンで。一度乗ってしもたら、太い梁と広い窓を持つ快適な部屋になる。
せ:そういえば、北欧の家や家具もファンは多いですよね。

コ:さて、この足は決まりとして、2.4リッターのNAと2.5リッターターボのどっちにするかが、悩みどころや。
せ:軽めの過給とはいえ、ターボラグが見られるターボより、出足のいいNAのほうがいいと思う。パワー感も、ターボを知らなきゃ十分です。実際の需要も、7:3でNAのほうが多いそうです。
コ:軽いクルマやないから、俺はやっぱりターボが欲しいな。足もええし、「フォード・フォーカスST」(よかったなぁアレ)を思い出す。あ、これは最高のホメ言葉。こうなったら、「R」シリーズの「R-DESIGN」なんて、見てみたいな!
せ:それは意味がないような……でも、ウケがよければ、上級ラインナップにも広げるつもりがあるそうだから、楽しみです。

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
C30V50S40ボルボS40試乗記

あなたにおすすめの記事