第229回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (後編)−「地下ショー」で発見した、もうひとつのアメリカ自動車文化

2012.01.27 エッセイ

第229回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (後編)「地下ショー」で発見した、もうひとつのアメリカ自動車文化

サケの皮を食べるように

デトロイトショーのメッセ会場の名称は、「コボ・コンベンションセンター」である。みんな4コマ漫画の『コボちゃん』を呼ぶがごとく、無意識にコボコボ言っている。だが本当は、1950年代に都市インフラ整備を推進した元デトロイト市長アルバートE.コボ(1893-1957年)に由来したものである。

そのコボ・センターには、モーターショーの主要ブースが展開されている1階から、階下へと向かうエスカレーターがある。
フライドチキンは骨の食べられる部分をカリカリかじり、サケは皮まで食べるボクである。各地のモーターショーでも、会場の隅っこを味わうのがボクの流儀だ。東京モーターショー2011でも、屋外会場で日本フルハーフの伸縮式トレーラーシャシーや、新明和工業がレストアしたマツダ三輪トラックを見学した。
容赦なく吹きつける東京湾の風に晒(さら)されながらも熱心に説明してくれる、そうした会社のスタッフには、こちらが貨物シャシーに関する知識の浅いこともあって、本当に頭が下がった。

世の中は「86」だなんだと騒いでいたが、ボク個人としては屋外展示が一番東京ショーで印象に残った展示であった。だからコボ・センターでも、そのひと気が少ない地下に行ってみることにしたのだ。

コボ・センターの外観。
コボ・センターの外観。
センター内通路にあるアルバート・コボ像。
センター内通路にあるアルバート・コボ像。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。