セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】

2008.03.06 自動車ニュース
 
セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】

【ジュネーブショー08】セミオープンのマイバッハが登場

独ダイムラーは、マイバッハのセミオープンモデル「マイバッハ ランドレー」をジュネーブショーで発表した。

 
セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】の画像
 
セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】の画像

■後席は別世界の空間

「マイバッハ ランドレー」は、同ブランドの5つめのモデルとなる新型車。一定の期間に限れた台数のみを生産する方向で販売計画が立てられている。

ランドレーは、車体の後ろ半分が幌式のランドー式馬車からその名がとられている。後席の頭上をオープンにできるのが特徴で、スイッチひとつで約20秒で開閉できる。ルーフはソフトトップ式。オープン時は後席後方に折り畳まれ、それを覆う豪華なレザー製トノカバーも用意される。もちろんオープン状態でトランクルームが犠牲になることはなく、荷物の出し入れは自由に行える。

ショーファー付きで移動するセレブのプライベートカーとして、または沿道でパレードランを行うようなVIPをターゲットに開発されたマイバッハ ランドレー。インテリアは、厳選した素材のみを使い、シートは最大で47度寝かせられるようになっているなど、豪華極まりない造りとなっている。

 
セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】の画像
 
セミオープンのマイバッハが登場【ジュネーブショー08】の画像

ランドレーに搭載されるエンジンは、メルセデスAMG製のV12ツインターボ。最高出力612ps、最大トルク102kgmを発生。“世界最速のショーファードリブン”の称号をほしいままにする怪力パワートレインだ。

気になる価格は、90万ユーロ(約1億4220万円)。ユーザーのもとへ届けられるのは、2008年秋頃になる見通しだ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドーレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。