エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】

2008.03.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー08】エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円

ブガッティは2008年3月4日のプレスデイで幕を開けたジュネーブショーにて、エルメスとのコラボレーションモデル「Bugatti Veyron Fbg par Hermès」を発表した。

同モデルは、8リッターW16エンジンで1001psを発揮するハイパフォーマンスカー「ブガッティ・ヴェイロン16.4」をベースに、エルメスのデザイナー、ガブリエーレ・ペッツィーニが内外装デザインを手がけたもの。
車名はエルメス本社の住所「Rue de Faubourg Saint-Honorè」(FbgはFaubourgの略称)に由来する。

ボディのメインカラーは専用の「チョコレート」とされ、コンビネーションカラーは明るいトーンの2色から組み合わされる。1924年の名車「ブガッティ・タイプ35」をイメージしたタイヤホイールには、中央にエルメスの「H」マークが備わり、外周にはエルメスのステッチング(針目)を模したデザインが与えられた。

内装はパリのエルメス・アトリエでデザインされたもので、シートやセンターコンソールなどインテリア各所が手仕上げのレザーで覆われる。フロント部にある荷室内も革張りとされ、エルメスアトリエで作られたレザーバッグとシルクボディカバーが収納される。

日本ではニコルレーシングジャパンを通じて販売される。価格は2億7800万円。

(webCG 本諏訪)


エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】の画像

エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】の画像

エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】の画像
(写真=Bruno Clergue)
(写真=Bruno Clergue)
関連記事
  • エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】 2008.3.6 自動車ニュース ブガッティがジュネーブショーで発表した「Bugatti Veyron Fbg par Hermès」は2億7800万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
ホームへ戻る