クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3954×1746×1422mm/ホイールベース=2469mm/車重=1215kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/4000-6000rpm、25.5kgm/1500-3500rpm)(欧州仕様車)

アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】

真打ち登場 2012.01.29 試乗記 アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)

アウディA1のラインナップに、より利便性の高い5ドア版「スポーツバック」が加わった。その使い勝手や走りの印象を、スペインからお届けする。

全幅が増しているワケ

2011年末の東京モーターショーで世界初公開されたのが記憶に新しい「アウディA1スポーツバック」は、平たく言えば「A1」の5ドア版である。特にここ日本では、A1シリーズの本命と言っていいだろう。

Bピラーを3ドアのA1より約23cm前方に移動させてリアドアを設けたボディーは、さらに、後席ヘッドルームを確保するためルーフを80mm以上も後方へと延長している。そのため3ドアと比べるとリアウィンドウの傾斜が緩く、ラップアラウンドタイプのハッチゲートの切り欠き方も異なる。しかしながら、3ドアの派生ではなく両者同時に開発がスタートしたというだけあって、言われなければドア枚数が増えただけかと思うぐらい、フォルムは均整がとれている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3954×1746×1422mmと、3ドアよりも全幅、全高がそれぞれ6mmずつ大きくなっている。全高が増えたのはルーフラインが変わったせいだが、では全幅が増えているのはなぜかと言えば、フロントのドアノブが3ドアより前方の、より張り出した面に移されているからである。

よって前席の室内空間は3ドアと同等だが、後席は頭上の余裕がわずかにではあるが増している。広々としていて快適とまでは言えないが、まあ最低限許せるレベルとは言っていいだろう。なお、欧州では後席は2名掛けが標準となるが、無償オプションで3名掛けも選択できる。

 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像 拡大
 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像 拡大
「A1」(3ドア)は4人乗りだが、「A1スポーツバック」には5人乗りモデルも設定される(欧州仕様車)。
「A1」(3ドア)は4人乗りだが、「A1スポーツバック」には5人乗りモデルも設定される(欧州仕様車)。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

気筒休止システム付きエンジンが仲間入り

メカニズムは基本的にはA1のそれを踏襲している。注目はエンジン。そのラインナップに新たにシリンダー・オンデマンド・テクノロジー、要するに気筒休止システムを搭載した1.4リッターのTFSIユニットが加わったのである。

気筒休止が行われるのは2番、3番シリンダー。カムシャフトには通常運転用の他に、気筒休止用すなわちゼロリフトのカムプロファイルが刻まれたスリーブが組み込まれている。エンジン回転数でいえば1400〜4000rpmの間、トルクでは約25〜75Nm(2.6〜7.7kgm)の間の低〜中負荷域での惰性走行に入ると、電動アクチュエーターの働きによって瞬時にスリーブが押されてこのゼロリフトのカムプロファイルが選択され、さらに燃料もカットされることで2気筒運転に切り替わる。

最高出力140ps、最大トルク25.5kgmを発生するこのエンジン、7段Sトロニックとの組み合わせにより、燃費は4.7リッター/100km(約21.3km/リッター)を達成している。気筒休止の効果は0.4リッター/100kmというから、燃料消費を約8〜9%も削減していることになる。

ドライバー・インフォメーション・システムで確認すると、大抵は加速後、速度をキープしようとアクセルペダルを緩めたところで、表示が「2-cyl.mode」へと切り替わる。ただし急な下り坂に差し掛かった際や、ブレーキペダルが踏まれた時には、エンジンブレーキを効かせるべく作動はキャンセルされ4気筒に戻る。後者の際だけはペダルを通して軽い振動が伝わるが、それ以外は表示がなければ切り替わりに気付くのは難しいぐらい動作はスムーズだ。

このエンジン、その他の面のフィーリングも上々である。低速域からトルクは十分以上。それでいて吹け上がりは爽快で、回せば5000rpm以上の領域までしっかりパワーがついてくる。極めてフレキシブルで、かつ軽快感もたっぷりの気持ち良い仕上がりは純粋に乗っていて楽しい。 

新たに設定された、気筒休止システム付きの1.4 TFSIエンジン。燃費は8〜9%改善されるという。
新たに設定された、気筒休止システム付きの1.4 TFSIエンジン。燃費は8〜9%改善されるという。 拡大
2気筒運転時は、メーター内に「2-cyl.mode」と表示される。
2気筒運転時は、メーター内に「2-cyl.mode」と表示される。 拡大
 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像 拡大

日本導入は2012年夏

シャシーに変更はない。もともとA1は同じプラットフォームを用いる「ポロ」と比べても一枚上手の剛性を感じさせ、補助スプリング内蔵のツインチューブダンパーをおごることで、硬いなかにも質の高い乗り味を実現しているが、A1スポーツバックは特にストローク初期の動きがしなやかさを増して、快適性が向上している。以前に乗ったA1ではタイヤは16インチがベストと感じたが、今回はしっかり感も含めて17インチに好印象を抱いた。未確認だが、2012年モデルはA1自体、同じように熟成されているもよう。年々、熟成が進められていくのはヨーロッパ車の常である。

街中を颯爽(さっそう)と駆け抜ける存在というイメージに、よりしっくりと来るのは3ドアのA1の方だろう。しかし後席へのアクセスが良いのに加えて、ドアが小さいため狭い場所での駐車や開け閉めに神経を使わなくて済むことまで含めた利便性を考えれば、街中でリアルに使い勝手が良いのはこのスポーツバックであることは間違いない。どちらにも相応の魅力がある。商品企画はなかなか巧みだ。

日本上陸は、2012年夏の予定。ただし、エンジンは現行のA1と同じ最高出力122psの1.4 TFSIが組み合わされる。シリンダー・オンデマンド・テクノロジーの導入は将来に期待ということになる。

まさに本命、スポーツバックを得たA1シリーズ。今年はさらに存在感を増していくことになりそうだ。

(文=島下泰久/写真=アウディ)

 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像 拡大
17インチ車には、215/40R17サイズのタイヤが組み合わされる。
17インチ車には、215/40R17サイズのタイヤが組み合わされる。 拡大
 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
A1スポーツバックアウディA1試乗記

あなたにおすすめの記事