【スペック】全長×全幅×全高=3954×1746×1422mm/ホイールベース=2469mm/車重=1215kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/4000-6000rpm、25.5kgm/1500-3500rpm)(欧州仕様車)

アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】

真打ち登場 2012.01.29 試乗記 アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)

アウディA1のラインナップに、より利便性の高い5ドア版「スポーツバック」が加わった。その使い勝手や走りの印象を、スペインからお届けする。

全幅が増しているワケ

2011年末の東京モーターショーで世界初公開されたのが記憶に新しい「アウディA1スポーツバック」は、平たく言えば「A1」の5ドア版である。特にここ日本では、A1シリーズの本命と言っていいだろう。

Bピラーを3ドアのA1より約23cm前方に移動させてリアドアを設けたボディーは、さらに、後席ヘッドルームを確保するためルーフを80mm以上も後方へと延長している。そのため3ドアと比べるとリアウィンドウの傾斜が緩く、ラップアラウンドタイプのハッチゲートの切り欠き方も異なる。しかしながら、3ドアの派生ではなく両者同時に開発がスタートしたというだけあって、言われなければドア枚数が増えただけかと思うぐらい、フォルムは均整がとれている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3954×1746×1422mmと、3ドアよりも全幅、全高がそれぞれ6mmずつ大きくなっている。全高が増えたのはルーフラインが変わったせいだが、では全幅が増えているのはなぜかと言えば、フロントのドアノブが3ドアより前方の、より張り出した面に移されているからである。

よって前席の室内空間は3ドアと同等だが、後席は頭上の余裕がわずかにではあるが増している。広々としていて快適とまでは言えないが、まあ最低限許せるレベルとは言っていいだろう。なお、欧州では後席は2名掛けが標準となるが、無償オプションで3名掛けも選択できる。

 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像
 
アウディA1スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【海外試乗記】の画像
「A1」(3ドア)は4人乗りだが、「A1スポーツバック」には5人乗りモデルも設定される(欧州仕様車)。
「A1」(3ドア)は4人乗りだが、「A1スポーツバック」には5人乗りモデルも設定される(欧州仕様車)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る