第62回:電動アシスト自転車はメタボに有効? YAMAHA PAS 08モデル試乗会

2008.03.04 エッセイ

第62回:電動アシスト自転車はメタボに有効? YAMAHA PAS 08モデル試乗会

すでに15年の歴史あり

電動アシスト自転車を世界で初めてリリースしたのはヤマハ。それは1993年のこと。すでに初代登場から15年も経過している。

ジマンじゃないがリポーターは、デビューしたばかりの初代PASに乗ったことがある。仲のいい友達のお母さんが買い物用に買ったもので、当時中学生だったリポーターはその加速に大はしゃぎ! すぐ、力強く反応するその動きがまるでドッカンターボみたいだったからだ。

2008年2月19日、神宮外苑周辺でPASの試乗会が開かれた。今回の試乗車は、もちろん発売されたばかりの2008年モデル。アシストの切り換えを自動で行う「オートエコモードプラス」の制御がよりきめ細かくなったほか、バッテリー性能の向上が図られた。従来モデルよりパワフルになり、もっと遠くまで行けるようになったのだ。あわせてバッテリー寿命も15%ほど向上(約2年は初期性能を維持)したという。

「ドッカンターボ楽しみだなぁ♪ニヒヒ……」とサドルにまたがる。モーターの電源をON。PASには3段のギアが付いている。まずは1速にしてペダルに力を込めた。

電動アシストの切り換えスイッチ。アシスト力の選択は、左側のダイヤルを回して変える。オートエコボタンを長押しすれば、場面ごとに必要に応じたアシストをしてくれる。よって、バッテリーの節約につながる。
電動アシストの切り換えスイッチ。アシスト力の選択は、左側のダイヤルを回して変える。オートエコボタンを長押しすれば、場面ごとに必要に応じたアシストをしてくれる。よって、バッテリーの節約につながる。
ギアのセレクター部分。クルマのシフトインジケーターのようでなかなかカッコよろしい。
ギアのセレクター部分。クルマのシフトインジケーターのようでなかなかカッコよろしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ