第351回:「マツダ・デミオ」試乗inドイツ
 俺の判断は間違ってなかった! と思う

2008.03.04 エッセイ

第351回:「マツダ・デミオ」試乗inドイツ 俺の判断は間違ってなかった! と思う

楽しさが違う!

みなさまごぶさたでございます。忙しくてなかなかアップできませんでしたが、また続々といきますよっ!

ってなわけで再び行ってきました、ドイツ! 昨2007年から月イチのドイツ通いを自分に課して約1年。なんだかんだ8回往復して、内容としては上出来だった。でもそのわりに語学が全然上達しなかったりと難しさも実感したりして……。
しかし男40、たった1年で諦めたら男がすたる! ってなわけで2008年年始早々に懲りずに行ってまいりました。語学は“10年計画”!? ぐらいで考えるとして、とりあえずは向こうでクルマにたくさん乗ろう、とね。

とりあえずはフランクフルトで借りれる「マツダ2」こと、「デミオ」の欧州版を借りて乗ってみたんだけど、改めてその良さにビックリ! 俺の判断は間違ってないと思いましたねぇ。

というのもね。昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーで俺は、イヤーカーとしてデミオを推したわけだけど、それに同調してくれる選考委員はこのほか少なくて、ボブ・スリーヴァさん&ピーター・ライオンさんの外国人ジャーナリスト2人組ともうひとかたのみ。
いったいなぜ? そんなに俺の感覚ってズレてる? とか思ってたけどこちらで乗って改めて“間違ってない”と確信しました。

だって、乗っててマツダ2=デミオのほうが断然楽しいんだもん。実用性、スペースユーティリティでは、たしかに最強のライバルである「ホンダ・フィット」の比じゃないんだけど、楽しさもまた比じゃない。デミオのがぜんぜん上。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』