ロータス・ヨーロッパに25ps増しの「225」が登場

2008.03.04 自動車ニュース

ロータス・ヨーロッパに25ps増しの「225」が登場

ロータス・ヨーロッパに25ps増しの「225」が登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、2008年3月1日、よりパワフルなロータス・ヨーロッパ、「225」を発売した。

「ロータス・ヨーロッパ225」
ロータス・ヨーロッパに25ps増しの「225」が登場

「ロータス・ヨーロッパ225」は、「ロータス・ヨーロッパS/S LX」をベースに専用チューニングを施し、最高出力をその名のとおり225psとしたモデルだ。

「ロータス・ヨーロッパS/S LX」(200ps/5400rpm、27.7kgm/5000rpm)のコンピューターに手を入れ、エンジンの出力特性を変更。最高出力と最大トルクは225ps/5750rpm、29.2kgm/4500rpmへと増大した代わり、低回転域のトルクは減少した。
なお、吸排気系はそのまま。パワーアップにともない、前後ブレーキディスクはドリルドディスクとした。

これにより、軽量なロータス・ヨーロッパは「右足の動きによりダイレクトに反応」し、「よりエキサイティングなドライビングプレジャーを得られるようになった」(リリース)という。

価格は、「S」をベースとしたモデルが17万6500円アップの677万2500円。革内装の「S LX」バージョンは、ベースモデルと同価格の698万2500円となっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る