【スペック】全長×全幅×全高=5370×1870×1840mm/ホイールベース=3315mm/車重=2280kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC24バルブ(296ps/5750rpm、41.5kgm/4000rpm)/価格=498万円(テスト車=499万5225円)

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT) 2008.03.04 試乗記 ……499万5225円
総合評価……★★★★

フォード・エクスプローラーの荷台付きバージョン「スポーツトラック」に、V8エンジンを搭載した上級グレードが登場。一般的な市街地と高速道路を中心に、乗り味を試した。

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

万能なファンカー

荷物を専用に運ぶという目的だけで、このクルマを買う人は少ないだろう。いわば一種のファンカーと思っていい。あるいはとりあえず買ってしまってから、用途をあれこれ考えるのもいい。500万円をポンとこの手のクルマにつぎ込める人にとって、普段着のアシ車にも使えるし、家族でレジャーを楽しむのにも最適だ。
V6でももちろん十分用途を満たすけれども、あえて100万円を加えてV8を選ぶ理由は、パワーの余裕とかボートを牽引するとか、そんな言い訳ではなく、V8エンジンという感覚的な魅力のほうが大きいだろう。

老婆心ながら付け加えるならば、4WDは緊急時の保険なんて考えずに、普段から頻繁に利用すべきだ。横風安定性など操縦性に貢献するだけでなく、タイヤも均等に減るし、燃費にもいいことをお知らせしておきましょう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る