クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=5370×1870×1840mm/ホイールベース=3315mm/車重=2280kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC24バルブ(296ps/5750rpm、41.5kgm/4000rpm)/価格=498万円(テスト車=499万5225円)

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT) 2008.03.04 試乗記 ……499万5225円
総合評価……★★★★

フォード・エクスプローラーの荷台付きバージョン「スポーツトラック」に、V8エンジンを搭載した上級グレードが登場。一般的な市街地と高速道路を中心に、乗り味を試した。

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック V8リミテッド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

万能なファンカー

荷物を専用に運ぶという目的だけで、このクルマを買う人は少ないだろう。いわば一種のファンカーと思っていい。あるいはとりあえず買ってしまってから、用途をあれこれ考えるのもいい。500万円をポンとこの手のクルマにつぎ込める人にとって、普段着のアシ車にも使えるし、家族でレジャーを楽しむのにも最適だ。
V6でももちろん十分用途を満たすけれども、あえて100万円を加えてV8を選ぶ理由は、パワーの余裕とかボートを牽引するとか、そんな言い訳ではなく、V8エンジンという感覚的な魅力のほうが大きいだろう。

老婆心ながら付け加えるならば、4WDは緊急時の保険なんて考えずに、普段から頻繁に利用すべきだ。横風安定性など操縦性に貢献するだけでなく、タイヤも均等に減るし、燃費にもいいことをお知らせしておきましょう。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「エクスプローラー・スポーツトラック」は、SUVのエクスプローラーをベースに、ボディ後半をベッド(荷台)としたピックアップトラック。ベースモデルよりホイールベースが425mmも長く、ラダーフレームシャシーにクロスメンバーを追加し、ドライブシャフトを2ピース化するなど、スポーツトラック独自のチューニングが施される。着脱可能な「キーロック機能つきハードトノカバー」は、中央のヒンジを軸に前後の個別開閉ができる。ゲート両サイドやキャビン側底面に収納ボックスを備えるなど、細かいユーティリティ性もアピールポイント。

(グレード概要)
初代スポーツトラックは2001年のデビュー。2代目にあたる現行モデルは、2007年6月20日に日本上陸。4リッターV6エンジンを積む「XLT」が発売された。
今回の試乗車「V8リミテッド」は、2007年10月16日に追加設定された、30台の限定モデル。基本的なメカニズムはV6モデルと共通ながら、ひとまわり大きな心臓を抱く。オレンジフロストやホワイトスウェードの専用ボディカラーなどもV8モデルならではの特徴。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
トラックだからといって特別な差別化はなく、インテリアは乗用車と変わらない。もちろんタコメーターも備わる。4WDはオートとハイ/ローの3ポジションをボタン操作で選べる。助手席にもシートヒーターがつく。ドアミラーのヒーターも標準。4ウェイフラッシャーのスイッチがステアリングコラム・ポストにあるのは米国車の伝統。

(前席)……★★★★
高い視点からの視界は良好。高いフロアによじ登るのにステップは有効。左ハンドルは幅広く背の高いクルマにとって、狭い道路ではかえって扱いやすいが、ピラーが間近な左折は要注意。ノーズのアンダーコーナーミラーは有効。シートはサイズ的にもたっぷりしており、ルーズに座っても気にならないのがアメリカ車。
各種調整機構も完備しておりもちろん電動。座面の後傾斜角も十分。明るい配色のインテリアゆえフロントスクリーンへの映り込みは大きい方か。

(後席)……★★★★
乗り込んで座ってしまえばセダンの後席よりタップリしているように感じる空間がある。リアウィンドウも、中央部だけ電動で開閉するようになった。トランクとは完全に隔離されているし、独立したシャシーの上に載るキャビンは騒音源のタイヤからも遠く静粛性も上々だ。
視点が高く外もよく見えるから子供たちにもウケそうだし、ファミリーカーとしても使える。

(荷室)……★★★★★
鉄板ではなく樹脂性なので当たりは柔らかい。表面は汚れの付きにくい新素材が使われている。
フタは中央のヒンジを境に前にも後ろにも開閉できるが、やや高いので重量物の出し入れには難儀する。大型犬などペットの移動にも最適か。泥のついた自転車や水に濡れたスポーツギアなどを放り込むのにも気遣いなし。容量も広大で何でも運べる気がする。本来、クルマの荷室とはこうあるべきなのかもしれない。

ハンドル位置は、左のみ。
ハンドル位置は、左のみ。 拡大
シートは、標準で本革製。運転席は10wayの電動調節式となっている。電動ガラスサンルーフも標準で備わる。
シートは、標準で本革製。運転席は10wayの電動調節式となっている。電動ガラスサンルーフも標準で備わる。 拡大
リアシートは前方可倒式。背もたれに連動して座面が沈み込み、フルフラットな「荷物置き場」を作り出す。
リアシートは前方可倒式。背もたれに連動して座面が沈み込み、フルフラットな「荷物置き場」を作り出す。 拡大
ベッド部の開閉式ハードトノカバーは、取り外し可能。小物入れや12V電源ソケット、内部からの脱出用スイッチ、ダウンフックなども備わる。
写真をクリックすると荷台のフロアアレンジが見られます。
ベッド部の開閉式ハードトノカバーは、取り外し可能。小物入れや12V電源ソケット、内部からの脱出用スイッチ、ダウンフックなども備わる。
写真をクリックすると荷台のフロアアレンジが見られます。 拡大

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
V6でも十分に怪力を発揮するが、やはりアメリカンといえばV8に対する憧憬は大きい。ドロドロ響く低音の魅力は薄らいだが、ルルルルル……ッというような細かいビートはアメリカンV8独特のテイスト。
6段ATはステップアップ比1.4のほぼ均等配分で、繋がりは滑らかだしエンジン回転の落差を感じにくい。スポーツ心を理解した玄人の設定。


(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
トラックとはいっても粗暴で硬過ぎる乗り心地とは無縁。エクスプローラー・ワゴンよりも長いホイールベースにより、姿勢変化はあらゆる方向に対して少なく、通常はフラットでダンピングに優れる。ふんわりしたクルマでは酔いやすい老人子供には、むしろこちらのほうがオススメ。感覚的には小回りできそうだが、回転半径は6.25mとかなり大きい。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2008年1月17日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2008年型
テスト車の走行距離:3196.5km
タイヤ:(前)235/65R18(後)同じ(いずれも、ミシュラン CROSS TERRAIN)
オプション装備:ETC(1万5225円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6):山岳路(0)
テスト距離:117.3km
使用燃料:25.9リッター
参考燃費:4.52km/リッター

この記事を読んだ人が他に読んだ記事