マツダ、「CX-5」の生産を開始

2012.01.27 自動車ニュース
「マツダ CX-5」
マツダ、「CX-5」の生産を開始

マツダ、「CX-5」の生産を開始

マツダは2012年1月26日、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載する新型SUV「CX-5」(海外向け)の生産を、同社の宇品工場で開始したと発表した。なお国内向けは、2月16日に発表されるもよう。

新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」
マツダ、「CX-5」の生産を開始

「SKYACTIV-D 2.2」は、尿素SCRやリーンNOxトラップ触媒などの高価な後処理装置を用いずに、日本のポスト新長期規制やヨーロッパのEuro6などの排出ガス規制に適合している。CX-5では18.6km/リッター(FF車のJC08モード値)という燃費を実現しつつ、ガソリンエンジンなら4リッターV8エンジンに匹敵する42.8kgmという力強いトルクを発生する点が売りだ。

マツダは2011年10月、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」と発表しており、今後、クリーンディーゼル搭載モデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る