ルノー・ラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

2008.02.29 自動車ニュース

ルノーラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

ルノー・ラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

ルノーは、ラグナの高性能バージョン「ラグナGT」をジュネーブショーで初公開する。

トランスミッションは6段MTが組み合わされる。
トランスミッションは6段MTが組み合わされる。
タイヤは、ブリヂストンPOTENZA RE050。サイズは225/45-18。
タイヤは、ブリヂストンPOTENZA RE050。サイズは225/45-18。

■4輪操舵システムを搭載

ルノーは、2007年9月のフランクフルトショーで、フルモデルチェンジで生まれ変わったミッドレンジセダン「ラグナ」と同ワゴンの「ラグナエステート」を発表。翌月から欧州での販売を始めている。今回ジュネーブショーで姿を見せるのは、その高性能「ラグナGT」。ヨーロッパでは2008年春に発売される予定だ。

搭載されるエンジンは、2リッターガソリンターボと2リッターディーゼルターボ「dCi」の2種類。日本やドイツでは、“GT”の名を冠する高性能版はガソリン車と相場が決まっているが、ディーゼル車にもGTが設定されるあたりは、ディーゼル比率が約7割に及ぶフランス車らしいところ。

実際、“GTディーゼル”のアウトプットは、最高出力180ps、最大トルク40.8kgmと、出力こそガソリンの205psに及ばないものの、トルクはガソリン仕様の30.6kgmを軽く上回る。トランスミッションは、どちらのエンジンにも6段マニュアルが組み合わされる。

アルミペダルが標準装備される。
アルミペダルが標準装備される。
ワゴン版「エステートGT」も設定される模様。
ワゴン版「エステートGT」も設定される模様。

注目は、シャシーに「アクティブ ドライブ シャシー」なる4輪操舵システムが採用されること。「えっ、ついに日産のハイキャスが!?」と思いきや、ラグナのシャシーはFFゆえ、スカイラインやフーガのそれとシステムが異なるはず。説明によると、操縦性と走行安定性を高めたというが、システムの詳細はまだ闇に包まれている。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)【海外試乗記】 2007.12.28 試乗記 ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)

    ルノーのミドル級モデル「ラグナ」が3代目にバトンタッチ。日本未導入の新型を、さっそくフランス本国で試した。
  • ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT) 【試乗記】 2003.1.24 試乗記 ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT)
    ……365.0万円

    日本市場において、ドイツ御三家に迫る勢いのフランス車メーカー「プジョー」を横目に、販売台数が伸び悩むかつての国営メーカー「ルノー」。ラインナップを拡充し、ライバルを追う。前衛的なミニバン「アヴァンタイム」に続いて、ハンサムなミドルサルーン「ラグナ」が投入された!


  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る