ルノー・ラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

2008.02.29 自動車ニュース

ルノーラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

ルノー・ラグナの高性能版「GT」がデビュー【ジュネーブショー08】

ルノーは、ラグナの高性能バージョン「ラグナGT」をジュネーブショーで初公開する。

トランスミッションは6段MTが組み合わされる。
トランスミッションは6段MTが組み合わされる。
タイヤは、ブリヂストンPOTENZA RE050。サイズは225/45-18。
タイヤは、ブリヂストンPOTENZA RE050。サイズは225/45-18。

■4輪操舵システムを搭載

ルノーは、2007年9月のフランクフルトショーで、フルモデルチェンジで生まれ変わったミッドレンジセダン「ラグナ」と同ワゴンの「ラグナエステート」を発表。翌月から欧州での販売を始めている。今回ジュネーブショーで姿を見せるのは、その高性能「ラグナGT」。ヨーロッパでは2008年春に発売される予定だ。

搭載されるエンジンは、2リッターガソリンターボと2リッターディーゼルターボ「dCi」の2種類。日本やドイツでは、“GT”の名を冠する高性能版はガソリン車と相場が決まっているが、ディーゼル車にもGTが設定されるあたりは、ディーゼル比率が約7割に及ぶフランス車らしいところ。

実際、“GTディーゼル”のアウトプットは、最高出力180ps、最大トルク40.8kgmと、出力こそガソリンの205psに及ばないものの、トルクはガソリン仕様の30.6kgmを軽く上回る。トランスミッションは、どちらのエンジンにも6段マニュアルが組み合わされる。

アルミペダルが標準装備される。
アルミペダルが標準装備される。
ワゴン版「エステートGT」も設定される模様。
ワゴン版「エステートGT」も設定される模様。

注目は、シャシーに「アクティブ ドライブ シャシー」なる4輪操舵システムが採用されること。「えっ、ついに日産のハイキャスが!?」と思いきや、ラグナのシャシーはFFゆえ、スカイラインやフーガのそれとシステムが異なるはず。説明によると、操縦性と走行安定性を高めたというが、システムの詳細はまだ闇に包まれている。

(webCG 曽宮)

関連記事
  • ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT) 【試乗記】 2003.1.24 試乗記 ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT)
    ……365.0万円

    日本市場において、ドイツ御三家に迫る勢いのフランス車メーカー「プジョー」を横目に、販売台数が伸び悩むかつての国営メーカー「ルノー」。ラインナップを拡充し、ライバルを追う。前衛的なミニバン「アヴァンタイム」に続いて、ハンサムなミドルサルーン「ラグナ」が投入された!


  • ルノー・ラグナ ワゴンV6(5AT)【ブリーフテスト】 2003.1.29 試乗記 ……375.0万円
    総合評価……★★★★




  • ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)【海外試乗記】 2007.12.28 試乗記 ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)

    ルノーのミドル級モデル「ラグナ」が3代目にバトンタッチ。日本未導入の新型を、さっそくフランス本国で試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • もてなし上手の「ルノーラグナ」に乗る 1998.12.11 自動車ニュース ルノーのミドルクラスセダン「ラグナ」の1999年モデルが発売された。フェイスまわりのデザイン変更や、学習機能つきAT搭載を特徴とする。299.0万円だ。マイナーチェンジされた「ルノーラグナ」がフランスモーターズの手でさっそく日本に輸入開始された。2670ミリのホイールベースに4500ミリの4ドアボディを載せたモデルで、2リッター4気筒SOHCエンジンを搭載する前輪駆動である。日本で売られているフランス車でいうとシトロエンエグザンティアやプジョー406と同じセグメントに属するクルマだ。今回のマイナーチェンジの特徴としては、デュアルエアバッグに加えて前席サイドエアバッグの採用、ヘッドランプを中心としたフロントマスクの意匠変更、学習機能つき4段ATの搭載、右ハンドルモデル導入などがあげられる。余裕のある室内空間に、使い勝手のいいテールゲートつきのボディ、さらに上品にまとめられたスタイリングと、「ラグナ」はなかなかよく出来たクルマなのだが、日本の市場ではいまひとつ認知度が上がらないモデルである。じつは僕は個人的に以前から「ラグナ」のこういう点を好ましく思っていたので、新しいモデルが導入されたのを待って、すぐに試乗させてもらった。マイナーチェンジをうけて「ラグナ」がよくなった点は、学習機能つき4段オートマチックギアボックスを得て使い勝手が向上したことだ。115psのエンジンは2000から3000rpmでトルクがやや落ち込むことでATとのマッチングが完璧といいがたかった。しかし新しいギアボックスは、スポーティなドライビングをしているときは、積極的に低いギアで高めの回転を保つというセッティングとなっている。これで非力さはあるていどカバーされるようになった。同時にサスペンションセッティングがドイツ車(オペルかな)を思わせるスポーティなものとなって、コーナリングの楽しさは増している。スポーティ志向のサスペンションを与えられたいっぽうで「ラグナ」が失っているものもある。乗り心地だ。フランス車といえばかつては雲に乗るようなソフトな乗り心地を特徴としたものだが、「ラグナ」は路面からの突き上げを伝えるうえにうねりによるピッチングをかなり感じさせる。ルノーのクルマづくり思想の変化によるものかと思ったが、しかし新型ルーテシアはすばらしいセッティングなので、「ラグナ」に固有のもののようだ。欧州のカンパニーカー市場で、ドイツをはじめとする各国のクルマと競合しなくてはいけない「ラグナ」にとって、これが一種の「国際化」なのだろうか。風切り音もけっこう大きかった。「ラグナ」に健在なのは、居心地のいい室内空間だ。コクピットの造形、シートの素材やかけ心地、装備など、もろもろの要素がからみあっていい雰囲気を生んでいる。この点はエグザンティアをはじめ、406や、ベクトラといったライバルがかなわない点で、僕はこれゆえに「ラグナ」がいつも気になる。乗員を「もてなす」感覚だ。トヨタの主査で同クラスのクルマを担当していたひとが、「ルノーのインテリアはいいですよねえ」と言っていたこともある。残念なのは、よいデザインだったフィリップス製オーディオとステアリングコラムにマウントされていたオーディオコントローラーがオプションでも選べなくなってしまったことだ。理由は価格を下げるためと、(日本での)配線がめんどくさい、ということらしい。ちょっとコマる理由である。たとえばエンジンが走っているようなクルマをアルファロメオが作り続けているようにイタリアのクルマには強固な独自性がある。フランスでは、ルノーがその製品づくりにおいて最右翼だと僕は思っている。トゥインゴとV6ミドシップクリオを同時にラインナップにもっているのは、ほかでは得難い個性である。「ラグナ」にもそのキャラクターがより濃く反映されるといいなあ、というのがないものねだりに近い願いであります。(Web CG オガワ)
  • ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)【試乗記】 2005.9.27 試乗記 ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)
    ……388万5000円

    ルノー主力モデル「メガーヌ」のオープン版である「グラスルーフカブリオレ」。クローズドでも開放感があると謳う、そのクルマの楽しみ方とは?


  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る