トヨタiQの市販モデルがお披露目に【ジュネーブショー08】

2008.02.29 自動車ニュース
トヨタiQ
トヨタiQの市販モデルがお披露目に【ジュネーブショー08】

【ジュネーブショー08】トヨタiQの市販モデルがお披露目に

トヨタ自動車は、新世代スモールカー「iQ」の市販モデルをジュネーブショーで世界初公開する。

トヨタ・アーバンクルーザー(日本名:イスト)
トヨタiQの市販モデルがお披露目に【ジュネーブショー08】

■一番小さなトヨタ

「iQ」は、トヨタ自動車が送り出す次世代コンパクトカーだ。全長は3mほどしかなく、販売されるとトヨタ車の中で最小サイズとなる。2007年9月のフランクフルトショーでコンセプトカーがお披露目されたが、ジュネーブショーで発表されるのは市販モデルのデザインを取り入れたプロトタイプ。発売は、2008年後半が予定されている。

全長はスマートより30cmほど長いが、iQは2人乗りのスマートと違って、一応4人が乗れる点が大きく異なる。正確に言うと、iQは最大で大人3人+子供1人の乗車を想定して設計されており、ファミリーユースにも耐えうるものとなっている。もちろん、小さいながらも安全性は十分に確保した、というのがメーカーの触れ込みだ。

このほかジュネーブショーでは、イストが「アーバン クルーザー」の名で欧州デビューを飾る。また、フレックスフューエル(ガソリンとバイオ燃料など2種類以上の異なる燃料で走れる)技術とプラグインハイブリッド技術を融合させた「Toyota 1/X プラグインハイブリッド」と、次世代モビリティを提案する「i-Real パーソナルモビリティ」の2台のコンセプトカーを発表する模様だ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。